グリーン・デイ『ウノ!』聴いた!

  • グリーン・デイ『ウノ!』聴いた!
  • グリーン・デイ『ウノ!』聴いた!
  • グリーン・デイ『ウノ!』聴いた!
  • グリーン・デイ『ウノ!』聴いた!

9月26日に発売されるグリーン・デイの新作『ウノ!』ですが、先ほど全曲聴きました!
一種の“原点回帰”を目的に曲作りを始めて作ったこのアルバム。
しかしインタヴューでビリーが「自分の過去を見ているような感じで、俺のティーンエイジャーの時の足跡が刻まれている」と語っているとおり、サウンド的にもそうだが、歌詞も含めて、いい意味で、とにかく青臭いのである。
ラヴ・ソング、しかも“キスしたい”とか歌ったウブなラヴ・ソングばっかりだし、『カープランク』や『ドゥーキー』と心情的に似たところにある作品だが、あれらのアルバムにあった若者ならではの刺々しさは抑えられていて、思い切り甘酸っぱい作品に仕上がっているのだ。
なんていうか、まるでジョン・ヒューズの映画を観ている感じで、36歳の自分としてはすごく身に染みる、非常に完成度の高い“青春アルバム”である。
それだけに、実際に青春まっただ中のファンにどう聴こえるか知りたい。

でも、これだけ珠玉のパワー・ポップをアルバム1枚分書き上げていながら、さらに『ドス!』『トレ!』、と2枚分の曲がまだあるグリーン・デイ。
彼らのクリエイティヴなエネルギーには脱帽してしまう。
というか、早く『ドス!』も『トレ!』も聴きたい!

ちなみに、今回、グリーン・デイのインタヴューをアメリカで行った中村明美は、3作品すべてを聴かせてもらえています。
ので、現在発売中の最新号で、その全貌について読めますよ。(内田亮)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする