カイユボットを軸に、前衛的な芸術運動としての印象派を読み解く

カイユボットを軸に、前衛的な芸術運動としての印象派を読み解く
カイユボットは優れた印象派の画家であると同時に、恵まれなかった印象派の画家たちのスポンサーでもあった。仲間たちの作品を買い、印象派展の開催に尽力した。
最初は全く画壇から認められなかった印象派の勝利を信じ、ひたすら支援し続けた。
後半生は自分の作品活動より、仲間たちの支援に力を注ぎ、運動としての印象派を支えた。
死後、自ら集めた印象派の作品を国に寄贈し、それがオルセーの重要なコレクションになった。
オルセーをカイユボットという画家を軸に、印象派が前衛的な芸術運動であったことを読み解く。
北斎特集以外にも、サイトアートは読みごたえある記事ばかりです。
カイユボットを軸に、前衛的な芸術運動としての印象派を読み解く
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする