フォンテインズD.C.はギターロックの希望の光なのか、それとももはやギターロックですらないのか。かれらの表現スタイルの核心に触れることが出来るこのライブ映像を見て欲しい。

フォンテインズD.C.はギターロックの希望の光なのか、それとももはやギターロックですらないのか。かれらの表現スタイルの核心に触れることが出来るこのライブ映像を見て欲しい。
確かにギターロックではあるが、従来型のギターロックのアンサンブルではない。ギターを使ったモダンロックの有効性を示した稀有な存在のバンドと言える。このスタジオ・ライブはかれらのキャラクターを知るのにとてもいいものだと思ってあげてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=kT4RZ9hmIq4
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする