「狂気を抑えろ、スーツを繕え、自分が獣でないフリをしろ」。マリリン・マンソンがそう念じながら作った「WE ARE CHAOS」。結果、より狂気が際立った新境地を象徴するこの曲のMVを見て欲しい。

「狂気を抑えろ、スーツを繕え、自分が獣でないフリをしろ」。マリリン・マンソンがそう念じながら作った「WE ARE CHAOS」。結果、より狂気が際立った新境地を象徴するこの曲のMVを見て欲しい。
この曲の持つどこかオーガニックな情緒性、これが新作のポイントだと思う。もともとマリリン・マンソンはセンチメンタルな人だと思うが、シューター・ジェニングスによってそのセンチメンタリズムの新しい表出スタイルを与えられた気がする。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする