コーネリアスをフジロックで観た

コーネリアスをフジロックで観た
コーネリアス、15年ぶりのフジロック。

以前と変わらない、これがコーネリアス!というライブ。
でも全く古くない。古くないどころか未来的。それがコーネリアスだ。

音の抽象性を具体に置き換え、音の具体性を抽象として聴かせる、その行き来とそれが生む錯覚がコーネリアスの音楽のマジックだ。
だが新作ではその構造に頼らない、歌の侘び寂びや音の幽玄を浮き出させるような作風に変化していた。
ライブの後半にそれを披露して、見事にトータルなコーネリアスを表現する、素晴らしいライブだった。

最新ブログ

フォローする