レモン・ツイッグスをフジロックで観た

レモン・ツイッグスをフジロックで観た
HOSTESSで観たときと同じく、演奏がこなれている。
そして見事なまでの70年代前半のレトロ・ロック味の絶妙さ。

ただ曲やアレンジやファッションが70年代ロック風だからではなくて、
それぞれの楽器が「歌って」いるのが70年代なのだ。
ギターが歌い、ベースが歌い、ドラムも歌う、そのハーモニーが70年代ロックの最大の特色だった。
レモン・ツィッグスはそれをやっている。
お兄ちゃんは歌を歌って、リードを弾いてギターでも歌うし、弟のドラムも歌うドラムだし、リード・ヴォーカルもやるから、全部が歌なのだ。

弟は今回も大暴れの熱演!フジでも大人気だった。
フルアルバム出さないかなぁ。

最新ブログ

フォローする