ブラック・アイド・ピーズをサマソニで観た

ブラック・アイド・ピーズをサマソニで観た
ファーギーがいないブラック・アイド・ピーズっていったいどうなるんだろう?
と誰もが不安だったと思うが、圧倒的なステージだった。
グループとしての体力、迫力が普通とは桁違いだ。
アイ・ガッタ・フィーリングはひたすら感動的だった。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする