プシャ・T『デイトナ』

プシャ・T『デイトナ』
発売中
ALBUM
プシャ・T デイトナ

ドレイクとのビーフも話題のプシャ・Tの2年半ぶりの3作目は、カニエ・ウェストのプロデュース。ジャケットに薬物使用の痕跡も生々しい故ホイットニー・ヒューストンの荒れ果てた浴室の写真を使い(カニエが独断で決め自腹で権利を買ったと言われる)、賛否両論を呼んでいる。

ジャケはやはり悪趣味だと思うが、音楽は輪をかけてヤバい。フックだらけのカッティング・エッジでドープなトラックはインパクト抜群。ストリートのヒップホップが置かれている現状を憂いながら、白人社会が望むようなステレオタイプな黒人にはならないと宣し、トレンドに乗らずリアルなラッパーでい続けることを、彼らしいねちっこいフロウで歌う。濃厚にして強烈。7曲入りだが聴き応えは十分。ドレイクとのビーフも絶賛継続中で、こちらは長引きそうな気配である。(小野島大)



『デイトナ』の各視聴リンクはこちら

プシャ・T『デイトナ』のディスク・レビューは現在発売中の「ロッキング・オン」8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


プシャ・T デイトナ - 『rockin'on』2018年8月号『rockin'on』2018年8月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする