時代の最前線で響く「蒼き焦燥」

欅坂46『アンビバレント』
発売中
SINGLE
欅坂46 アンビバレント
既存のアイドル像への強烈かつ痛烈なカウンターとしてついにはシーン最前線へと躍り出た1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』までの季節を経て、その後のシングル『風に吹かれても』、『ガラスを割れ!』では「今この時代のど真ん中で共有される『欅坂らしさ』」すらもそのカウンターの対象に据えたかのような驚きと感激を放ち続けている欅坂46。シングル1作ごとに聴く者の「欅坂観」に激しく揺さぶりをかけながら、他ならぬその危ういほどにスリリングな在り方自体が唯一無二の誘引力を備えている、という奇跡的なサイクルの真っ只中を、彼女たちは今まさに突き進んでいる。

《一人になりたい/なりたくない》という心の奥底の、しかし表立って主張するのも憚られる二律背反な想いを、シリアス&ポップなアンセムとして結晶させてみせた表題曲“アンビバレント”。ダンスパフォーマンスの域を超えた前衛芸術の如きアート性を体現する同曲MV、重低音ギター×ダンスホールレゲエのビートが「対・大人の結界」の如く妖しく響くカップリング曲“Student Dance”も最高。ますます目が離せない。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする