ミスター向上心の成長期は続く

KREVA『無煙狼煙』
発売中
DIGITAL
KREVA 無煙狼煙
誰もが知っているような曲を作って、さらに上の段階に行きたいという旨の発言を、KREVAが15年間のソロ活動の中で一貫して繰り返してきたことを、ファンはよく知っていると思う。最近の曲から挙げるならば、“居場所”や“存在感”は、まさにこの想いの表れだった。そんな彼が改めて示す雄々しいファイティングポーズが、“無煙狼煙”だ。《ちゃんと手抜かずに続ければ/得られる賛同 生まれる感動》など、経験に裏打ちされた悠然とした姿を交えつつ、向上心を描いているのが、とても興味深い。「道を切り拓きたい!」というギラギラした欲求は、駆け出しの若者だけが抱くわけではない。経験と実績を積み重ねる毎に自分が理想としてイメージするものの解像度は上がるし、その分、形にしたいものは増え続けて、もっと前に進みたいという気持ちも加速していくものだ。2015年にリリースされた“これでよければいくらでも”の表現を借りるならば《ミスター向上心》であり続けているKREVAの胸の内で燃え盛っている闘志が、この曲には生々しく刻まれている。耳を傾けたリスナーの心も鼓舞するに違いない。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする