今のほうがよくわかる、気がする

東京事変『ニュース』
2020年04月08日発売
EP
東京事変 ニュース
8年ぶりに再生した東京事変の新音源は5曲入りのEPで、作曲はメンバーひとりにつき1曲ずつ担当。その五者五様っぷりがまず、聴いていてめちゃくちゃおもしろい。というのは、東京事変の事情で、じゃなくて、こっちの事情で、です。僕は、というか、ほぼ「我々は」と言っていいと思うが、浮雲、伊澤一葉、刄田綴色の3人のことは、彼らが東京事変に参加するまで知らなかった。で、東京事変が終わったあとは、本当にあちこちでよく聴くし、よく観ますよね、この3人の活躍を。東京事変の結成の目的のひとつに「まだ知られていない才能を世に出したい」というのもあっただろうが、まさにそうなったというか。で、その結果、前の東京事変の時よりも今の東京事変のほうが、我々はメンバー個々をよく知っているわけで、そうすると曲の楽しみ方もアップするわけです。椎名林檎が人の曲に歌詞を当てる際の「そうか、こういう曲にはこういう言葉を持ってくるか」というのもおもしろいし。あと全体に、今の社会に放たれるものとしてのメッセージ性が高まっている気もする。そのために再生したのかも。(兵庫慎司)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする