再び獣を解き放つ

[Alexandros]『Beast』
発売中
SINGLE
[Alexandros] Beast
前作がリモートで自分たちの楽曲を解体・再構築した『Bedroom Joule』だったというのもあって、“Beast”を初めて聴いた時には「久々にガツンとしたの来たなあ!」と嬉しくなった。というか、何回も聴いているうちにそれどころの話ではないことに気づいた。ザクザクとハードに疾走するギター、暴れ回るリズム、うねりにうねって爆走するベースライン。怒涛のアウトロから、問答無用でぶった切るように終わるラスト。《今も》のリフレインとか、思いっきりラフでタフな[Alexandros]の姿が躍動しているこの曲は、バンドにとっていちばん大事なものを取り戻したような痛快さをもっている。《やぶれ/かぶれ/マト外れていこう》というのは彼らの基本姿勢そのものではないか。ループ感のあるトラックに乗せて孤独を歌うカップリング“Vague”も併せて聴くと、この2曲がまるで[Alexandros]というロックバンドが飼っている「獣」の正体を改めて暴き出しているような感じがする。洗練された今のバンドが鳴らしているのでしっかり地に足着いているように聴こえるが、実は過激なニューシングル。(小川智宏)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする