歴史を語る「新作」

[Alexandros]『Where's My History?』
発売中
ALBUM
[Alexandros] Where's My History?
デビュー10周年を締め括るオールタイムベストであり、[A]盤と[C]盤、大きく2つの時期に分けた2枚組で構成されている。“月色ホライズン”や“あまりにも素敵な夜だから”といったアルバム未収録の楽曲はもちろん、SUBARU XVのTVCMソングとして書き下ろされた解放的な疾走感の新曲“風になって”、さらには路上ライブ時代からのレパートリーである“温度差”の新録バージョンや最新リミックスが施されたナンバーなど、死角なしの手堅いベストアルバムといえるだろう。プレイリストの時代を迎えて、ベスト盤の意味が失われるという意見も耳にしたけれど、本当にそうだろうか。アーティスト主導で制作され、そのキャリアに改めて向き合わせてくれるベストアルバムには、今も大きな意味と価値があると僕は思う。やたら挑発的でスリリング、しかしチャーミングさも振りまいていた[C]から、より懐の深さを発揮して2020年代のロックと対峙し続けてゆく[A]へ。確かな歩みがあったからこそ、輝きを増すアルバムだ。(小池宏和)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする