私立恵比寿中学、10年目にして辿り着いた充実の「今」をメンバー全員で語り合ったアルバム『MUSiC』インタビュー

私立恵比寿中学、10年目にして辿り着いた充実の「今」をメンバー全員で語り合ったアルバム『MUSiC』インタビュー

去年10周年を迎えたももクロちゃんと一緒に、私たちのCDで歌えるって……もし一緒に歌う機会があったら泣いちゃいそう(笑)(星名美怜)


――『MUSiC』は10周年記念アルバムであり、6人編成になって初めてのアルバムです。チーム内ではどのような方向性にするという話があったのでしょう?

星名美怜 焼肉屋さんに集まっている時に紙資料が配られまして……(笑)。

中山莉子 「今回はこういうアルバムでいきます!」って、ほんと学校の授業みたいにプリントが配られる感じです(笑)。

――ははは。新しい挑戦もあれば、10年の歴史を感じる楽曲もある、まさに10周年に相応しいアルバムになっていると思います。

星名 今までお世話になってきた方々に参加していただいて。去年10周年を迎えたももクロちゃんと一緒に、私たちのCDで同じ曲を歌えるって……もし一緒に歌う機会があったら泣いちゃいそう(笑)。それくらい自分たちとしてはエモいというか。

真山りか おまけにももクロちゃんとのコラボ曲の“COLOR”は今までずっとお世話になってるたむらぱんさんに書いていただいたしね。振り付けも昔からずっとお世話になっている續いくえ先生に付けていただいて、まさに10年の歴史を感じる1曲になっていると思います。

――エビ中はももクロの妹分でありながらも、公の場でともに活動することはほとんどなかったので、感慨深いですよね。

星名 ももクロちゃんとは同じような方法で活動させていただいたけど、方向性とかグループの性質は真逆で。でも私たちにとってはずっとずっと背中を見てきた先輩だから……この曲は絶対いつか一緒にライブで歌いたくて。

柏木ひなた うん、実現させたいよね。エビ中ファミリーも、モノノフさんも喜んでくれると思う。どっちも好きな人も結構いるので。

真山 私たちはももクロちゃんの大ファンだし、大好きな先輩で。去年ももクロちゃんの10周年のお祝いしたことに続き、今年はももクロちゃんが私たちの楽曲に参加してくれたのがすごくうれしくて。この2組が交わることはこの先ずっとないんだろうな……と思ってたのがこの2年で続いて、すごくうれしい。きっとファンの方々も見たかったと思う。

――岡崎体育さんが提供している“Family Complex”も、エビ中10年の歴史はもちろん、現在のメンバー6人の結束を感じる楽曲になっていると思います。

安本彩花 すごく岡崎体育さんからの愛を感じる曲だなと思って。噂によると、体育さんはスタッフさんよりエビ中のことわかってるって(笑)。そういう歌詞になっていると思います。歌っていて「体育さんはたくさん私たちのことを見てくれてるんだな、感じ取ってくれてるんだな」って伝わってきて、すごくうれしかったです。

真山 おまけに体育さんのライブの楽曲をオマージュしてるから、体育さんの歴史も絡んでるっていうね(笑)。絶対フェスで歌いたい曲だよね。

中山 歌いたい~!! 絶対歌いたい!

――歌い出しも、安本さんと柏木さんが凛とした歌唱力で魅せるので、フェスのようないろんなお客さんがいる場所でも「おっ?」と思われるでしょうね。

中山 歌い出しすごくかっこいいですよね。と思いきや、途中でどんどん崩れていって、最終的には曲が変わって(笑)。

――特に前半のテクノセクションは「エビ中にこんなセリフを言わせたい」的な体育さんの欲望も感じますね(笑)。

真山 ほんとこの曲のディレクションひどかったんですよ~!(笑) 《ブヒブヒ鳴いてんじゃねぇよ! だらしねぇ!》のところとか「もっといけるでしょ? ここ真山のパートだからね?」と言われて歌入れして……そしたらほんとに真山のパートになってました(笑)。

(“日進月歩”は)ライブで長く歌いすぎたからか、レコーディングの時に「荒々しすぎるからもうちょっと抑えて」って言われちゃいました(安本彩花)


――(笑)。“日進月歩”は2017年6月に新曲として初披露してから、ライブで長く歌っていますが、ちゃんとしたレコーディングは今回が初めてですよね。

真山 あたためまくってようやく音源化ですね。

星名 ライブでもおなじみの曲になってきたので、イントロが流れると歓声は起きるんだけど、みんなタイトルを知らないっていう状態が続いていて。

中山 やっと歌詞カードも見ていただけるので、どんなことを歌っているのかをわかっていただけますね。

安本 ライブで長く歌いすぎたからか、レコーディングの時に「荒々しすぎるからもうちょっと抑えて」って言われちゃいました(笑)。

星名 歌い込みすぎちゃったね!(笑)。

真山 いつもとは真逆のディレクションだったね(笑)。

安本 歌ってたらいろんな感情が沸き上がってきちゃって。

真山 そうだね、大事な時にも歌ってきた曲だから。

――そうですよね。エビ中を前進させてきた曲を10周年のタイミングで音源化できることも意味深いと思います。そして「新しい挑戦」というと、やはり“踊るロクデナシ”と“曇天”かなと思います。吉澤嘉代子さん作詞作曲の“曇天”は、女のわたしもドキッとする色っぽさでした。

安本 あははは! 昔からエビ中を知っている人が「“曇天”は新しい大人のエビ中だと聞いて、それを聴くのが親心としてちょっと……って感じでまだ聴けてない」と言っていて(笑)。「エビ中がこんな感じの曲を歌うのは不思議な感じがする」という声はよくもらいます。

真山 エビ中スタッフの大人たちが吉澤さんに「大人の女性のラブソングを」と注文をしてくれて。私としては、実年齢からちょっと上くらいの女性の曲という、新しいものを投げかけてくれたのがすごくうれしくて。

小林歌穂 大人の人たちが、吉澤さんに「エビ中を女性にしてください」ってオーダーしてくれたんだよね。

安本 うんうん。これまで少女の曲が多かったんだけど、この曲は女性として歌えたからうれしくて。声色とかも作り込んで歌いました。これまでそういうことはしてこなかったんですけど、今回は細かくこだわって。

中山 録ったものを聴いて「うちらいつの間にか成長してたんだな」と思いました(笑)。

真山 グループのコンセプトは「永遠に中学生」だから、自分たちの年齢がどんどんわからなくなってます(笑)。ミュージックビデオが全編アニメーションなのもエビ中が歌を大事に活動してきたからこそだと思うし、それがようやく『MUSiC』という音楽的なアルバムで出せるんだなって。

――エビ中は大人の武器も中学生の武器も使えるようになったんですね。

全員 オイシイですよね!(笑)

小林 大人にも子どもにもなれる!(笑)

中山 18歳組(小林、中山)は歌入れの時に「気だるい感じで」とか「ちょっと面倒くさそうな感じで」とアドバイスをもらいました。気を使っていただきましたね。

次のページ自分の考えた振り付けをメンバーが踊ってくれてるのはすごくうれしい(柏木ひなた)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする