ライブ翌日にサプライズリリースした『Cheddar Flavor』インタビュー! WANIMAがリスタートに刻んだ「存在と生き方」とは

ライブ翌日にサプライズリリースした『Cheddar Flavor』インタビュー! WANIMAがリスタートに刻んだ「存在と生き方」とは

コロナだったり自分たちの状況があって、いい時にはわからなかったことがわかるっていうか、今やから歌える歌かなって(KENTA)

――『Cheddar Flavor』、すごいアルバムだと思います。

KENTA(Vo・B) ありがとうございます!

――突然リリースを発表、しかも発表された翌日には店頭に並んでるっていう。そういう衝撃的なリリース形式もありましたけど、何より内容が、WANIMAのほんとにど真ん中というか。こういう作品が突然、コロナ禍の真っ只中に、しかも前作から1年あかない間に出てくるっていうのが、ほんと驚きだった。まず、ざっくり、このミニアルバムってどういう作品なんですか。

KENTA 誰かに歌うんじゃなくて、自分に歌ったってところもあるんですけど。そういうところを意識したっていうか。WANIMAってなんなのかっていう、存在と、生き方を、まずはっきりさせたかったんです。

――めちゃくちゃはっきりさせられた作品になったと思いませんか。

KENTA そうですね。まあ初期の頃から、たくさんの人に届けたいとか、そういう想いは変わってないんですけど。ただ、コロナだったり自分たちの状況があって、いい時にはわからなかったことがわかるっていうか、今やから歌える歌かなっていうのがあります。

――なるほどね。KO-SHINはどう?

KO-SHIN(G・Cho) 被りますけど、今のWANIMAってこうですって主張できたと思います。もともと持ってるものだったり、これまで培ってきたものだったりを、シンプルに詰め込めたミニアルバムになりました。

――FUJIくんは?

FUJI(Dr・Cho) CDを全国に届けられるようになってから、いろんな経験をさせてもらって。その中で、自分たちなりにもがいてきて。そういう経験とか全部ひっくるめて詰め込んだ1枚になったなと思ってて。だから芯の部分は変わらないけどレベルアップした、シンプルだけどしっかり細かい部分までこだわってつくり上げた1枚になりました。ミニアルバムですけど、フルアルバムくらいボリュームも、内容もしっかりあると思います。

――WANIMAは、常にその時にできるマックスをやってきたと思うんですよ。でも、今つくって、その延長線上でも、何かが違う感触があるんですよね。まず、そもそもこのミニアルバムをつくろうと思ったきっかけみたいなものってなんだったんだろう。もともとの予定にはなかったものですよね。

KENTA そうっすね。でも、僕個人としても、WANIMAとしても、どう生きていくのか、どう生きていきたいかを示したいっていうのがあって。自分に対しても、WANIMAの今の活動というか、音楽の方向というか姿勢に対しても、納得してなかったので。常に不安やったし。ブレてるとは違うんですけど。また、今までが間違ってたっていう言い方もしたくはないけど。『COMINATCHA!!』のツアー中もすごく自分に対してもイライラしてたし。ライブ中は目の前にいるお客さんに対して全力で音楽を届ける、一緒に音楽をするっていうのがあったんですけど。それ以外の時は、自分に対しての葛藤やイライラがありましたね。

自分の心の位置がどこにあるのかが、忙しさだったり、余計な気持ちが邪魔して見え隠れしてたところもあった(KENTA)

――それって、たとえばどういうこと? 音楽制作に関わることなのか、それともそれ以外の部分なのか。

KENTA 音楽をやりたくて東京に出てきたので、音楽が軸にあるんですけど。たぶんいろんなことに慣れてしまったというか、なりたくない自分になっている気がしました。生きてる中で、天気と同じように浮き沈みはあると思うんですけど……『COMINATCHA!!』もいいと思って出してるし、毎回そうなんですけど。それとは違って、自分に対して納得できてなかったっていう。なんていうか、難しいんですけど、かっこよくなかったんですよね、自分を俯瞰して見た時に。

――たとえば、音楽って届くことがすごく大事だけども、でも、届けるために歩み寄りすぎたとか、そういうこと?

KENTA うーん、それもあるんですけど……別に作業になってたわけじゃないんですけど、曲づくりが。ただ、誰かのためにとか、タイアップもそうですけど、そういうのじゃなくて、まず自分に歌うっていうか。自分の心の位置がどこにあるのかが、忙しさだったり、余計な気持ちが邪魔して見え隠れしてたところもあったのかなって。

――ツアー中にフツフツと湧き出ていたものに、コロナ禍で向き合う時間が増えて、より考えるようになった。

KENTA うーん……テレビやSNSを見てても、マイナスが目につくじゃないですか。自分がそうやって言いたくなったり思った時に、まずは自分がどうしたいのかっていう。それから自分がやれることに目を向けていきました。

――メンバーふたりはKENTAくんのそういう想いや変化みたいなものを、リアルタイムで共有しながら一緒に向き合ってきた感じなのかな。

FUJI 3人でいる時はそうですね。スタジオでも、『COMINATCHA!!』のツアー中も、そういう時に、次に行く時はっていう意識の話だったりはしました。

――KO-SHINはどう?

KO-SHIN 曲に対しての熱っていう根本は変わってないと思うんですけど、今作に関しては、より芯があるというか。狙ってるところがはっきりしてて、そこに一切妥協なく向かう。それがちょっとでも届かなければ曲にしない。歌詞のほんとワンフレーズにしても、レコーディング中に変わったりしたんで。それに負けじとじゃないですけど、ギターも1音でも、あれ?と思ったらすぐ変えますし。ほんと納得いくものにしたいっていうのに寄り添うっていうか。そこは共有してたつもりではあります。

次のページ本当にWANIMAがやるべきことは、『Cheddar Flavor』に詰まってると思う。そういう作品を自分たちが自信を持って出せた(FUJI)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする