yonige/TSUTAYA O-WEST

yonige/TSUTAYA O-WEST - All photo by Viola Kam (V'z Twinkle)All photo by Viola Kam (V'z Twinkle)
●セットリスト
M1. さよならアイデンティティー
M2. our time city
M3. 最近のこと
M4. あのこのゆくえ
M5. アボカド
M6. センチメンタルシスター
M7. バイ・マイ・サイ
M8. サイドB
M9. バッドエンド週末
M10. サイケデリックイエスタデイ
M11. しがないふたり
M12. 悲しみはいつもの中
M13. 最終回
M14. ワンルーム
M15. 恋と退屈
M16. さよならバイバイ
M17. トラック
M18. さよならプリズナー

EN1. 女の子の日
EN2. 最愛の恋人たち



9月20日(水)にリリースとなるフルアルバム『girls like girls』でメジャーデビューを果たす、大阪寝屋川出身のガールズバンド・yonige。そんな彼女たちのワンマン企画東京編「売上総取 vol.3」がTSUTAYA O-WESTで行われた。インディーズ時代最後の東京ワンマン公演をソールドアウトで迎えられたこの日も、彼女たちはいつもと変わらず真っ直ぐに女の心情を高らかに掻き鳴らしていた。

yonige/TSUTAYA O-WEST
yonige/TSUTAYA O-WEST
牛丸ありさ(Vo・G)が「大阪寝屋川yonigeです、宜しく」と軽く挨拶すると、“さよならアイデンティティー”を鳴らしだす。≪愛していた/恋していた/無理していた≫という嘆きにも似た本音を伸びやかに叫ぶと、ポップチューン“our time city”、“最近のこと”へ続けた。「久し振りのワンマンだから緊張しています」と牛丸は照れたように言ってこそいたが、高声の伸びや音程の安定感は確実にレベルアップしていたし、その堂々とした立ち振る舞いには自信さえ窺えた。そしてMCではごっきん(B・Cho)が「うちらこの夏めっちゃフェスに出たんですけど、フェスって暑さとか楽しさとかでみんなウェーイ!ってなってるじゃないですか? やっぱライブハウスっすね。みんな一生懸命見てくれて。これがワシらの居場所やって思ってますわ」と話しながら、「おい、みんないけんのかー? いけんのかー!?」と、夏フェスで習得したという煽りを披露。慣れないコール&レスポンスでフロアの覇気を上げながら、キレのあるギターリフとダイナミックに展開されるパンチの効いたメロがクールな“サイドB”へ突入。さらに“バッドエンド週末”へと雪崩込み、妖艶かつ力強くうねるように鳴り渡るごっきんのベースラインとプレイスタイルに目も耳も奪われた。さらに新作『girls like girls』から新曲“ワンルーム”も披露され、常に色濃い私情を歌うyonigeが「ワンルーム」という窮屈で想い出の逃げ場のない空間を曲にするなんて良いに違いないと思いながら聴いていたが、案の定、いや、期待以上だった。メロディの疾走感が未来ではなく過去の想い出に向かって時間軸を逆走するための起爆剤になっているような走馬燈的楽曲からは、yonigeらしさと共に彼女たちの更なる成長が感じられ、目前となったリリースがさらに楽しみになった。続く“恋と退屈”では牛丸が途中で歌詞が飛んでしまうというハプニングもあったが、“さよならバイバイ”では一切の淀みもなく真っ直ぐに歌い上げていた。

yonige/TSUTAYA O-WEST
yonige/TSUTAYA O-WEST
そして牛丸は、以前遭遇した横転事故の経験を“トラック”という曲に詰め込んだと語り、その中で「バンドでも普段でも、ハッピーエンドかバッドエンドかっていうのはあんまりどうでも良くて、むしろバッドエンドの方がありがたい」と話していた。街では「幸せになるにはこうしたらいい!」や「良い恋愛をするには?」といった文字がそこらじゅうで踊っているなか、彼女たちはそんな幸福論なんて生ぬるいと言わんばかりにバッドエンドを歌い、最悪な結末に感謝をする。砂糖菓子の甘さよりも渋るような苦さの方が記憶に残ることをyonigeは知っているし、「闇を持たない素直な良い子」を演じたがる恋愛渦中の人間の借り物の表情を豪快にひっぺ返してくる。常にハンズアップが起こる訳でもクラップが鳴り渡る訳でもないフロアは、視覚的な意味では「盛り上がっている」とは言わないのかもしれないが、そういう身体的な盛り上がりを求めてこの場所にいる人は恐らくゼロに近く、ただひたすら彼女たちの音楽に心を透かしてほしくて立っているのではないかと思う。そんな様々な想いが行き交う本編を「歌詞もぶっ飛ばすし演奏も拙いですが、私たちはこんな感じです(ごっきん)」、「メジャーのバンドとかもうええわ、とか言わんといて下さいね(牛丸)」という彼女たちらしい言葉と“さよならプリズナー”で締め括り、熱望されたアンコールでは“女の子の日”と“最愛の恋人たち”をプレイ。メジャーデビューというバンドにとっての階段をひとつ上がる彼女たちだが、これからも変わらずに私たちと同じ目線で日々を捉えた音楽を鳴らし続けてくれるのだろう。ガールズバンドの未来を己のやり方でガンガン開拓していくふたりに、終始ワクワクさせてもらったアクトだった。(峯岸利恵)

yonige/TSUTAYA O-WEST

終演後ブログ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする