UVERworld/日本武道館

UVERworld/日本武道館

●セットリスト
1. TYCOON
2. DECIDED
3. CORE PRIDE
4. WE ARE GO
5. Don't Think.Feel
6. 一滴の影響
7. IDEAL REALITY
8. 誰が言った
9. シリウス
10. 奏全域
11. エミュー
12. ナノ・セカンド
13. PRAYING RUN
14. ALL ALONE
15. SHOUT LOVE
16. ほんの少し
17. Massive
18. I LOVE THE WORLD
19. Q.E.D.
20. 零HERE~SE~
21. IMPACT
22. LONE WOLF
23. RANGE
24. 7日目の決意


“TYCOON”のトラックが鳴り響いていたところに、真太郎(Dr)がビートを繰り出し、床下からリフトで登場した彰(G・Programming)が歪んだ音出しを一発。次の瞬間、誠果(SAX・MANIPULATOR)、TAKUYA∞(Vo・Programming)、信人(B)、克哉(G)の4人がステージ下から勢い良くポップアップし、すぐさま“DECIDED”が繰り出される。
UVERworld/日本武道館
勿体ぶったところなど一切なく、サウンドとメッセージの激流がオーディエンスを飲み込んでゆくさまが凄まじい。これだけ大掛かりなツアーのファイナルとなれば、普通はもう少し沸々と盛り上がるオープニングになりそうなものだ。とにかく楽曲に触れてくれ。必ず分かるはずだ。そんな絶対の自信に裏付けられた、「IDEAL REALITY TOUR」、武道館2日目である。

急進的であることを恐れない重厚なバンドグルーヴと、オーディエンスの熱いチャントが序盤から衝突を繰り返し、“Don’t Think.Feel”でTAKUYA∞は両足の靴をアリーナに蹴り飛ばす。「いつもどおりやろうと思ったら、テンション上がりすぎて、俺の情熱という名の靴が飛んで行った……すみません、返してもらってもいいですか」。後に語られたところによれば、リハーサル時に靴を飛ばす練習をしていたらしい。真剣そのもののメッセージを歌声でシェアするようなライブでありながらも、ご機嫌なヴァイブが加味されていて痛快だ。
UVERworld/日本武道館
真太郎が、レンタカーで移動していて若い男の子のヒッチハイカーを拾ったというツアーの思い出を語ったり、期間中に誠果が親知らずを抜いて顔が腫れていたことをTAKUYA∞がツッコんだりといったふうに、ツアーならではの楽しいエピソードも盛り込まれる。しかしそれ以上に、パフォーマンスの迫力と切れ味に頭も身体もガンガン揺さぶられてしまうステージとなっていった。
UVERworld/日本武道館
まさに《夜を乗り越えて行くリリシスト》全開でキレッキレの節回しが炸裂する“IDEAL REALITY”。悔しさや後悔を踏み越えてゆくメッセージと昂ぶったメロディが渾然一体となって駆け抜けてゆく“シリウス”。とりわけニューアルバム『TYCOON』から披露される新曲たちは、TAKUYA∞のさまざまな表情を見せるシンガーとしての魅力を引き出してゆく。「新曲でがっつり暴れさせてやるよ!」と届けられた“奏全域”は、ステージのせり出し部分にドラムセットが現れ、6人が密集隊形で放つ獰猛なEDMミクスチャーである。

「17年間バンドやってきて、一回も休んだことねえんだ。ずっとライブを続けてきたんだよ!」と披露される“PRAYING RUN”は、近年のライブでハイライトを担ってきた名曲だけれど、こんなふうにツアーで走り続けるUVERworldだからこそ、さらに楽曲の意味を大きく育て上げている気がする。
UVERworld/日本武道館
「武道館、10年連続でやってるんだけど、最初のうちは99%が女の子だったんだ。それはすごい嬉しいことなんだよ。女の子は、美味しいものとか、カッコいいものを見つけるのが早いじゃん。男は遅えんだよ。集まってくれる1万人の女の子のほかに、入れない1万人の男のために男祭りをやったんだけど、それが今年はさいたまスーパーアリーナで2万3千人。暫定、UVERworldにしかできないらしいよ?」。ソウルフルで狂おしいラブソング“SHOUT LOVE”は、あらためて、キャリアを支えてくれた女子ファンに捧げられる曲だ。
UVERworld/日本武道館
“I LOVE THE WORLD”のエクストリームなグルーヴとシンガロングにまみれて飛び込む終盤戦。華やかなステージに立って一身に憧れを引き受ける立場になっても、自分たちはもともと君たちと同じ場所にいたんだよ、という思いが込められた“Q.E.D.”が放たれる。そして“IMPACT”が特大スケールの熱狂を描き出すのだが、今のUVERworldは、一体感の歓喜に身を委ねるだけでは終わらない。
UVERworld/日本武道館
「何もない、空っぽなUVERworldを愛してくれって言ってるんじゃないんだよ。もし、俺たちの歌が何も響かなくなったら、そのときは正しく、離れていってください」、「つまり、互いに惹かれ合えるような関係でいようってこと」。UVERworldは、一体感に埋もれて依存するのではなく、個人個人がそれぞれの足で立っていることを要求してくる。“LONE WOLF”はまさに、孤独な戦いがあればこそ互いを高めあえるという思いが込められたアンセムだ。
UVERworld/日本武道館
今、届けたいメッセージがある。そのために刺激的なサウンドを生み出し、最高の歌に仕上げなければならない。そんなふうに生み出された新作『TYCOON』の楽曲たちは、今回のツアーで演奏されるべき必然性を宿していた。過去の楽曲をプレイしたくないとか、そんな低レベルの話ではない。確かに今、響く歌を創造すること。ツアーをして届けること。UVERworldは、ロックバンドとして最も理想的なことをやっているだけなのである。11月からの「TYCOON TOUR」も、楽しみだ。(小池宏和)

終演後ブログ
【速報】UVERworld、いつもどおりやろうぜ武道館!とTAKUYA∞は言った
彼の言う「いつもどおり」というのは、「いつもどおり新記録を打ち立てようぜ」という意味にしか聞こえない、「IDEAL REALITY TOUR」のファイナル。武道館2日目である。ちなみに、11月からの「TYCOON TOUR」では、恒例クリスマス武道館も控えている。いつもどおり、の次元が違う。 …
【速報】UVERworld、いつもどおりやろうぜ武道館!とTAKUYA∞は言った

最新ブログ

フォローする