THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST

THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST - All photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)All photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

●セットリスト
1. ONE’S AGAIN
2. カンタンナコト
3. DIP-BAP
4. Uh...Man
5. 起死回生STORY
6. 接触
7. 嫌い
8. マナーモード
9. Flower
10. エンドロール
11. 気づけよBaby
12. トナリアウ
13. Shala La
14. mist...
15. See the lights
16. 5150
17. CATCH ME
18. 狂乱 Hey Kids!!
19. BLACK MEMORY
(アンコール)
EN1. ReI(新曲)


THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
この日、「ヤバいね!」と山中拓也(Vo・G)は何度も口にした。その言葉に続くようにして、他のメンバーが客を煽る――よりも前に、オーディエンスが先にメンバーを煽るのだ。
11月から始まったTHE ORAL CIGARETTESの「Diver In the BLACK Tour」、裏ツアーと題された公演も含めた全11公演のファイナルである新木場STUDIO COAST。この日も、山中の「一本打って!」という声が会場に響き渡り、“ONE'S AGAIN”、“カンタンナコト”でこの日の幕が上がると、すぐに大合唱が巻き起こる。「ブラックの底まで連れて行ってやる!」と宣言の言葉のもとに生まれた、レーザー照明と色気溢れる演奏が激しく交錯する空間は、ただただ贅沢としか言いようがない。“起死回生STORY”を歌い終えると、「辛いとか、苦しいとか、そういう想いは悪いことじゃないって、今日一日をかけてあなたたちと共有していきたい」、こう語った山中。その言葉の通り、“嫌い”や“マナーモード”といったダークサイドな曲を連発していくのだが、その暗めな曲調とは正反対の笑顔を浮かべた鈴木重伸(G)/あきらかにあきら(B・Cho)がステージの上で躍り弾く。
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
「バンドへの感謝を込めて書いた曲」という紹介の後に披露されたのは、“Flower”。この日集まった人々へ希望と愛を与え続ける、そんな覚悟や証明を込めたかのようにして奏でられる音楽は、徹底的にロックで徹底的にまっすぐだ。ミラーボールが空高く回った“気づけよBaby”、アコースティックアレンジの“トナリアウ”が届けられると、中西雅哉(Dr)の畳みかけるビートを合図に、後半戦一発目の“Shala La”が鳴り響く。「人生の8割は苦しくて、楽しいことは2割しか無い。その2割をライブに持って来るのも良し。でもその『苦しい』の8割を俺は共有したい」と山中。それを現実にするという自信が、彼らの中で揺るぎないものになっている。だからこそ、この言葉の後に“See the lights”を歌ったのだ。
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
ライブがもう終盤に差しかかったというのに、“5150”でフロアはさらに大きなうねりを見せる。メンバーはオーディエンスをさらに滾らせ、躍らせる。だが、既にフロアは笑顔と汗で埋め尽くされ、めちゃくちゃ楽しそう。このバンドの音楽は、オーディエンスがいてこそ楽しさが膨らんでいくというのは間違いない。“狂乱 Hey Kids!!”で、鈴木の髪は乱れ、あきらの足は高く上がり、中西はこの日一番の笑顔を浮かべる。不協和音のように聴こえる轟音の上に、4人の音とオーディエンスの声が重なった最高のアンサンブル“BLACK MEMORY”を演奏し終えると、メンバーはステージを後にした。
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST
アンコールを求める拍手に応えて、まず登場したのは中西。例にならってグッズ紹介タイムへ。この愉快な時間も、年内最後なのだろうか。改めて4人がステージにやって来て披露されたのは、未発表の新曲“ReI”。ライブ中盤に山中が「苦しいときって周りが真っ暗になると思う。どこにも帰れない。だって視界が無いねんもん。でも真っ暗になればなるほど、光って見えやすい。だから悩み続ければいい。苦しみ続ければいい。そしたらどんどん光は明確に見え始めます」と語っていたが、このツアーでオーラルの4人がみんなに伝えたかったこと、掴んで欲しかったものは、きっとそれだ。だからツアータイトルが「Diver In the BLACK(訳=黒に飛び込む者)」であるにも関わらず、すべての感情を照らす白い光のような曲をラストに選んだ、そういうことだと思う。彼らの放つ色気と逞しさが導く先には光がある、と確信した夜だった。(林なな)
THE ORAL CIGARETTES/新木場STUDIO COAST

終演後ブログ
【速報】THE ORAL CIGARETTES、全員と闇を共有し真の光に導いたツアーファイナルを観た
「つらいとか苦しいとか、悪いことじゃない」、「何度も押し寄せてくる闇とどう闘うのか、どう付き合っていくのか、そこに答えがある」 ――山中拓也(Vo・G)はこのツアーを「Diver In the BLACK」と名付けたわけを、「もっとあなたたちに黒に身を投じていってほしい」からと語った。 …
【速報】THE ORAL CIGARETTES、全員と闇を共有し真の光に導いたツアーファイナルを観た

最新ブログ

フォローする