LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ

LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ

●セットリスト
1. STORM
2. Déjàvu
3. TRUE BLUE
4. Sweetest Coma Again
5. Hold You Down
6. Brand New Days
7. 誓い文
8. Limit
9. I'll Stay With You
10. absorb
11. Dr.Solo & Bass Solo
12. BELIEVE
13. I for You
14. JESUS
15. SHINE
16. TIME IS DEAD
17. WISH
(アンコール)
EN1. HOLY KNIGHT
EN2. ROSIER
EN3. TONIGHT


昨年に続き、さいたまスーパーアリーナで開催された「LUNA SEA The Holy Night 2017」1日目である12月23日。これまでもLUNA SEAにとって節目となるライブを幾度も行ってきた日にちに、また一つ足跡を残す公演だった。
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ
ベートーヴェンの“月光”が流れる中をステージに現れた5人は、高まった熱気に応えるように、アッパーな“STORM”からスタート。曲が進めばシンガロングが巻き起こり、バンドとオーディエンスは絆を結んでいく。
「毎年こうして、みんなとこの日に会えるのを楽しみにしています。ちまたではイブイブと呼ぶのでしょうが、LUNATIC Xmasを、思い切り今宵は楽しんで」
最初のMCでこう言ったRYUICHI(Vo)の言葉通り、5人はLUNA SEAにしかありえないプレイで圧倒した。SUGIZO(G・Violin)は流麗なフレーズをダイナミックに響かせ、INORAN(G)はジャンプしながらワイルドなリフを切り込んでいく。J(B)の歪んだベースが曲を震わせ、真矢(Dr)は有無を言わせぬビートを叩き出す。そしてRYUICHIはどんな爆音にも負けない声で確かに歌を届けてくる。広いステージを縦横無尽に走り回りながらも見事に安定したサウンドを響かせる5人。ゴージャスな照明やプロジェクションマッピングを使った演出が、そんなステージに華を添える。
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ
前半は“TRUE BLUE”など初期の代表曲や、この3日前にリリースされたばかりの新作『LUV』からも華やかな“Hold You Down”、アッパーな“Brand New Days”、ポップに歌が通る“誓い文”の3曲を披露。新曲と思えない存在感のある演奏に引き込まれる。RYUICHIは言った。
「アルバム届きました? 4年ぶり、長い時間待たせたけど、5人で大切に作って皆に届けたんで。真面目な話、世界は今すごく痛い愛というかね、いろんなところで愛憎劇、戦争紛争起こってます。俺たちが何ができるかわからないけど、そんな現実を直視して作ったアルバムでもあります」
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ
新曲を披露した後は、コール&レスポンスも楽しい真矢のドラムソロ、打ち込みのトラックをバックにパワフルなベースで空気を熱くするJのソロで盛り上がり、5人が再び揃ったところで記念すべきファーストシングル曲“BELIEVE”へ。自然に互いの動きを読んでいるようなフォーメーションで、ステージを左右に走る様子に目を奪われる。特にSUGIZOはソロポイントとでも言うべきポジションがあって、絶妙なライティングなどの効果が映える。一方INORANとJは自然体で動き回り、熱気を煽っていく。5人それぞれがソロでも活動していることもあるが、たとえそうでなくても5人全員がフロントマンといってもいい輝きを持っていることが、このバンドの強みだ。後半は“I for You”、“SHINE”などが続き、観客たちの腕がステージに向かって舞う。
「もういっちょ行こうか! アリーナ全員でかかってこい!」
とRYUICHIが煽るまでもなく、パンキッシュな“TIME IS DEAD”ではヘドバンの嵐となり、本編最後はRYUICHIが促してシンガロングとなった“WISH”。そのムードのまま、場内はスマホのライトをかざしながらの“きよしこの夜”の合唱となり、ステージに戻ったメンバーを感動させた。
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ
「宇宙に浮かんでるみたい、すごい綺麗だよ、どうもありがとう。いかがですか、LUNATIC Xmasは? 僕らからのクリスマスソングをお届けしたいと思います」
“HOLY KNIGHT”は、昨年のこの日に会場限定販売された曲。ロマンティックな曲の歌い終わりに「メリー・クリスマス」とRYUICHIは囁いた。
続くフランクなメンバー紹介の中でSUGIZOが、5月の武道館公演に続き水素燃料電池を使って音を出していることに触れ、「いい音でエコで、素晴らしいことなので広めていけたら」。また新作『LUV』については「賛否両論巻き起こっています、俺たちは常に次に行きたいんです。新しいLUNA SEAを気に入ってもらえたら嬉しい。これが40代後半の僕らの真実です」と攻めの姿勢を示した。
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ
ラストは“ROSIER”、“TONIGHT”と上がるしかない2曲。
「すげー景色を見せてもらいました、どうもありがとう。最後に全員で一つになりたいと思います、いくよ!」
とRYUICHIが声をかけ、全員で手をつなぎ大きくジャンプ。
「アリーナ、愛してるよ!」とINORANが叫び、真矢はドラムスティックを、Jはタオルをアリーナに投げ込み、SUGIZOはペットボトルを何本も投げあげた。去りがたい思いが伝わって胸が熱くなる終焉だった。
メンバーが去ったステージのスクリーンには2018年のツアーが告知されたが翌24日には、2018年6月に行われる「LUNATIC FEST 2018」が発表された。30周年に向けてLUNA SEAは走り続けていく。(今井智子)
LUNA SEA/さいたまスーパーアリーナ

終演後ブログ
【速報】LUNA SEA、モンスターぶりにひれ伏すしかない最高のクリスマス・イブイブだった
RYUICHI(Vo)が、この場で「ルナティック・クリスマス」と名付けた、12月23日の「LUNA SEA The Holy Night 2017」。昨年に続き、さいたまスーパーアリーナで開催された公演にはクリパ気分で着飾ったスレイヴたちが集まった。華やかな夜らしく外せない曲を次々に演奏、そし…
【速報】LUNA SEA、モンスターぶりにひれ伏すしかない最高のクリスマス・イブイブだった

最新ブログ

フォローする