BUMP OF CHICKEN @ 六本木ヒルズアリーナ

BUMP OF CHICKEN @ 六本木ヒルズアリーナ
BUMP OF CHICKEN @ 六本木ヒルズアリーナ
BUMP OF CHICKEN @ 六本木ヒルズアリーナ - pic by Kazumichi Kokeipic by Kazumichi Kokei
4月14日リリースのニューシングル「HAPPY」を初披露するイベントとして企画された招待制ライブ「BUMP OF CHICKEN SECRET」。公式サイトで参加者を募集し、当選者には今日の13時に場所が知らされる、という方法で行われました。

で、その場所、六本木ヒルズアリーナに集まった、1000人くらい(私のいいかげんな目算。違ったらごめんなさい。正しい数は、明日のスポーツ新聞とかに出ると思います)のラッキーなファンの前で、バンプは1年半ぶり……いや、もっとか、とにかく、ものすごく久しぶりのライブを行った。

事前に公式サイトで「10分〜20分くらいのライブになります」と謳われていたとおり、セットリストは3曲のみ。

1曲目は、既にリリースされている中では最新曲になるシングル「R.I.P.」。2曲目は、その、初披露となる「HAPPY」。3曲目は、その「HAPPY」に続いて4月21日にリリースされる「魔法の料理〜君から君へ〜」(こっちはもうPVとかばんばん流れてますね)。

ライブ、久々だし、しかもこんな特殊な状況でのライブだし、きっとメンバー全員もんのすごくてんぱっていたと思うが、だからもし読んだら「はあ?」とか思われるかもしれないが、なんか、「あれ? 久々だっけ?」と意外に思えるようなライブだった、僕にとっては。

なんというか、ステージの上にいるたたずまいが、藤原の声の出し方が、3人の楽器の鳴らし方や立ち方が、自然だったのだ。初めて人前でやる曲もあるのに、そういう気負いみたいなものが見えなかった。実際は気負ってないはずないと思うんだけど(藤原、最初のMCで口が回らなくてロレってたし)、なんか、ふらっと下北沢CLUB Queに現れて、3曲やって帰りました、みたいな、日常的な空気が漂うステージだった気がした。

って、書いて思ったけど、これ、人によって意見分かれそうだな。「そんなことはない! 歴史的なライブだったじゃないか!」とかいう人もいそうな気がする。えー、あくまでも「僕にとっては」です。ただ、その、なんか拍子抜けするくらいフラットな感じ、そこがすごくいいライブでした。僕にとっては。くどいですが。

ただし。初披露の「HAPPY」、フラットどころか、この曲、ちょっとシャレになっていない。よすぎ。なんていうんでしょう、何か、藤原、この曲で立っているステージがどーんと上がった気がする……ってよくありますね、こういう言い方。もっとすごい。なんていえばいいかな。えーと、そうだ、藤原、この曲で、なんか「タガがはずれた」感じがするのだ。こういうメロディを作ればいいのに、作らなかった。こういう歌詞を書けばいいのに、書かなかった。「作れなかった」「書けなかった」じゃなくて、「作らなかった」「書かなかった」感じ。で、それを解禁した感じ。

実際はどうか知りません。ジャパンのインタビューでもbridgeのインタビューでも、別にそんなこと言っていなかった気もします。が、そういう、何かを「解き放った」みたいな強烈な開放感に満ちている、言葉もメロディも。素直で、まっすぐで、強い。

特にそれ、歌詞に顕著に出ている。すんごい重要ですんごい深いことを、誰にでも伝わるような、とても簡単でシンプルな言葉にして伝える、そういう曲です、これ。元々、藤原の書く歌って、日本ロック史上に残るような名フレーズがあっちこっちにゴロゴロ入っているけど、この「HAPPY」のサビ、その中でも屈指だと思います、まじに。最初に聴いた時、「うわ。なんてすごい奴なんだ、この人」と、絶句しました。この2行で当分大丈夫だわ、俺。何がだ。いや、何がかわかりませんが、そんな気分にさせられます、ほんとに。

3曲をプレイし終え、それぞれお客さんにあいさつし、いったんステージを降りようとした4人だったが、ソデまで行って戻ってきて「もう1曲やります」。開演前に取材陣に配られたセットリストにも、上記の3曲しか書かれていなかったので、ほんとに急遽のサプライズだったのだと思う。で、やってくれたのが、なんと「ガラスのブルース」。これ、集まってくれたファンへのサービスというか、感謝の意というか、バンドからの好意で、やってくれたんだと思う。でも、ひっさびさのライブで、終わって「ああっ、ダメだった……」みたいになっていたとしたら、そんなことする気にはなれなかったろうから、つまり、メンバー4人も、このライブを楽しめた、ってことなんじゃないかと思う。終わってひっこっむ時、直井、「また会おうぜ!」って叫んでたし。

なお、このライブはそのままPVになり、近日中にYoutubeで限定配信されるそうです。ぜひお楽しみに。(兵庫慎司)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする