ZAZEN BOYS@SHIBUYA-AX

「MATSURI STUDIOからMATSURI SESSION。ひ…ひめくりかえってやって参りましたZAZEN BOYS。それでは……作品ごとに、今回は時系列にやっていきますので」。向井秀徳が告げるなり、おおっ、と沸くAXのフロアである。約1年ぶりというZAZEN BOYSのワンマン・ライブがこういう趣向になろうとは。向井とメンバー達とのアイコンタクトの中から一瞬にして会場中に緊迫感が伝わり、《繰り、繰り、繰り、繰り返される 諸行は無常》のお馴染みのフレーズとともにまず放たれたのは“開戦前夜”だ。とぐろを巻くバンド・グルーヴが姿を現し、吉兼聡(G.)→吉田一郎(B.)→松下敦(Dr.)と壊れた電池仕掛けの人形のようにソロ・パートをリレーしてゆく。

向井の宣言通りに、序盤はデビュー・アルバム『ZAZEN BOYS』からの楽曲を繰り出していった。“IKASAMA LOVE”の中盤ブレイクが途方もなく長い。余裕の表情でビールを口に含んだりしている向井なのだが、唐突に演奏が再開されてもサラリと乗りこなしてしまう。デビュー時と今とではバンド・メンバーの半分が変わっているわけで、楽曲アレンジも当時のものから随分と突き詰められたものになっていたりするのだが、凄まじいまでの構築美による熱狂が産み落とされている。ことZAZEN BOYSに関しては、楽曲がこなれるとか、完成するということはあり得ないのかもしれない。楽曲がバンドを追い込み、追い込まれたバンドが曲を刷新し続けているのである。

“WHISKY & UNUBORE”などでのシンガロングや、複雑極まりない曲調の割にやたらと高いダンス・ミュージック性能など、ZAZEN BOYSのロックはオーディエンスに対してインタラクティブな楽しみを提供してくれる。これがまた不思議だ。明らかにメンバーの間では息もつかせぬほどの高度な音楽的対話が展開されているのに、オーディエンスは蚊帳の外にはならないのである。ZAZEN BOYSがフリー・ジャズのバンドではなく絶対的にロック・バンドなのは、つまりこの点においてだ。シングル『半透明少女』のカップリングだった“Tanuki”の盆唄グルーヴに踊ったところで、ステージ上は『ZAZEN BOYS II』収録曲へと突入してゆく。

“安眠棒”、“SEKARASIKA”など、この頃の楽曲はファンキー度が増し、かつ鋭く尖ったサウンドのダンス・ロックという性格が強くなってくる。そして“COLD BEAT”ではアクロバットのようなコンビネーションを披露したのち、向井が鬼コーチのように繰り出すサインに他のメンバーが応えてゆく。……あ、カシオマン(吉兼)、フェイントに引っ掛かっちゃった。こんな風に楽しませてくれるのも、彼らがロック・バンドだからである。音の構築とバンド内での密室的なコミュニケーションだけが目的ならば、こんな笑いは不要なはずだからだ。こういうとき、向井は単にZAZEN BOYSの専制君主ではなくて、ロックという表現様式のための完璧な水先案内人として役割を果たしているのである。

“HIMITSU GIRL'S TOP SECRET”を挟んで、ステージは『ZAZEN BOYS III』へと移り変わる。まるでレッド・ツェッペリンの如きリフ地獄の中に浪曲のようなボーカルの節回しが冴える“RIFF MAN”、カシオマンのギター・フレーズが踊りまくる“Don't Beat”、と、ラウドでユニークなロック色が全開になっていった。そして向井が華やかなシンセ・サウンドを放ち、カシオマンがサンプラーを操るダンス・ポップ編成で“I Don't Wanna Be With You”へ。熱のこもった歌唱がフロアに響き渡る。

「初めてこういう時系列ライブをやるんですけれども……なんとも言えないですね。エネルギーの使いどころがわからん! ベスト盤聴いてるみたい。えー……では、KIMONOSの登場!」と、LEO今井がステージに迎え入れられる。「と言っても、今日はKIMONO BOYSですけれども」。いや、それは尚更うれしい。今回の東名阪ツアーにはKIMONOSがゲスト参加することが予め告知されていたけれど、こんなスペシャル・セッションになるとは予想していなかった。向井は帽子を被ってパッドでラテン風パーカッションを打ち鳴らし、その横でLEO今井の熱を帯びた歌声が響き渡る。雄々しいシャウトも織り交ぜつつ、ZAZEN BOYSのステージの温度にも見事にフィットしているのが素晴らしい。“No Modern Animal”から無国籍ダンス・ロックな“Mogura”、そして向井の鍵盤がマリンバの音色を響かせるファンク・チューン“Almost Human”。僅か3曲というパフォーマンスだったけれど、KIMONOSという独特の立ち位置からポップ・ミュージックを放つグループの存在感はしっかり伝わってきた。

『ZAZEN BOYS 4』の終盤戦は、《本能寺で待ってる!》という掛け声一閃にオーディエンスがまたもや沸き返ってスタートした。トライバル・ビート乱舞のロック・サウンド“Honnoji”、向井のファルセット・ボイスが響き渡って吉田と松下がハンド・クラップを煽った“Weekend”。「もう帰りは寒いかと思いますので、少し着込んだ方が良いのではないかと……衣類を、あちらで売っておりますので……」と軽く物販の宣伝なども交えながら、ダンス・ビートとメランコリックなサウンドが弾けるクライマックスを迎えていった。楽曲のドラマティックな展開に合わせて、ステージ上の投光器がミラーボールを輝かせた本編最後の“Asobi”には本当に胸が熱くなった。「もう曲がないです」と言いながらもアンコールでは“CRAZY DAYS CRAZY FEELING”、再びKIMONO BOYSとして“Tokyo Lights”までも披露し、終わってみれば約3時間。個人的にはまだ聴きたい曲があれもこれもあったのだけれど、ボリュームとパフォーマンスのクオリティに関しては当然、文句なしの素晴らしい一夜であった。

今回のMATSURI SESSIONは12/13に大阪BIG CATで、12/17に名古屋クラブクアトロで、引き続き行われる予定。なお、年末のCOUNTDOWN JAPAN 10/11にもZAZEN BOYSは出演する予定だが(こちらは12/28)、そちらのステージでもKIMONO BOYSとしてのパフォーマンスが含まれる、と向井は語っていた。ぜひ楽しみにしていて欲しい。(小池宏和)

セット・リスト
1:開戦前夜
2:MABOROSHI IN MY BLOOD
3:IKASAMA LOVE
4:SI・GE・KI
5:USODARAKE
6:WHISKY & UNUBORE
7:Tanuki
8:CHIE chan's Landscape
9:安眠棒
10:SEKARASIKA
11:You make me feel so bad
12:COLD BEAT
13:HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
14:RIFF MAN
15:This is NORANEKO
16:Don't Beat
17:METAL FICTION
18:I Don't Wanna Be With You
19:No Modern Animal (KIMONO BOYS)
20:Mogura (KIMONO BOYS)
21:Almost Human (KIMONO BOYS)
22:Honnoji
23:Weekend
24:Memories
25:Sabaku
26:Asobi
EN-1:CRAZY DAYS CRAZY FEELING
EN-2:Tokyo Lights (KIMONO BOYS)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする