斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
「最初に言っておきますが、長いです。わたしのお客さんは決して若い人ばかりじゃないと思うので、ずっと立ってると、明日からの仕事が立ち行かなくなるかもしれないんで……適当にやってください」と序盤で冗談めかして、せっちゃんは言っていたが、単に時間だけじゃなく、その密度においても、この日に相応しいライヴだった。「斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21" ~これからもヨロチクビ~」の最終日となったさいたまスーパーアリーナ公演。シングル『僕の見たビートルズはTVの中』をリリースしたデビュー日である8月25日は、神戸ワールド記念ホールで同じくアニバーサリーライヴを行ったが、500レベルと呼ばれる最上階までぎっしりと埋まった満場のオーディエンスを前に、この日はその時を超える30曲3時間半に及ぶパフォーマンスが繰り広げられることになった。そして、それは20周年だからといって気負うものでもなく、でも、決して短くはない20年というキャリアの大きさと深さを感じさせてくれるものだった。

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
18時8分、客席の照明が落ち、20世紀フォックス風のオープニング映像と共に“ずっと好きだった”で幕を開けたライヴ、最後に記載したセットリストを見てもらえれば分かる通り、“カーラジオ”のような最新の楽曲から、“僕の見たビートルズはTVの中”はもちろん、“無意識と意識の間で”のような懐かしい楽曲まで、20年のキャリアを俯瞰した楽曲が演奏される。けれど、そこはせっちゃんである。“カーラジオ”の前のMCでは、場内を見渡して「俺って意外に人気あるんだね」と語り、「20周年ということで、それが長いのか短いのか、自分でもわからないんですけど」と素直な心情を明かす。そして、そこから浦和の暴走族の話になったり、“ワンモアタイム”の前には先週放送分の『あまちゃん』に触れながら、しょうもないこと極まりない下ネタに突入していく。でも、いざ曲に入ると、ステージのテンションはガラリと変わる。藤井謙二(Gt.)、辻村豪文(Gt.)、エマーソン北村(Key.)、隅倉弘至(Ba.)、玉田豊夢(Dr.)という鉄壁の布陣で奏でられるサウンドは、アンサンブルも含めて完璧で、特に「20年前に最初に出したシングルです」という紹介から演奏された、“僕の見たビートルズはTVの中”は感動的だった。メッセージ性の高い映像とともに20年前にリリースされた楽曲が、20年後の今、その真価を解き放つように鳴らされる。

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
中盤では、キャリアを自ら振り返るかのように“郷愁”“老人の歌”のようなディープな楽曲が演奏されていく。そして、斉藤和義本人の「1、2、3、4」というカウントから演奏されたのは“歌うたいのバラッド”。この曲の終盤では、3分を超えようかというギター・ソロを自ら弾いてみせる。ギタリストとしての実力を堪能できるパートだ。“何処へ行こう”からの本編終盤は、再びバンドはロックンロール・モードに突入。当然のことながら“やさしくなりたい”ではイントロだけで大歓声が巻き起こり、ストーンズへのオマージュを感じさせる“Hello! Everybody!”では、隅倉弘至の肩に肘をかけてキース・リチャーズの物真似を披露してみせる。本編の最後に演奏されたのは“ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~”。「ベリーベリーストロング」の大合唱とともに、イエローのビームライトが会場を照らし、ショウは一度クライマックスを迎える。

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
ここまでで既に約2時間が経過していたが、しかし、この日はここからも盛り沢山だった。まず、ステージ後方の巨大なスクリーンにデビューから現在までの写真が、甲子園出場校紹介のBGM“栄光は君に輝く”と共に映し出されて客席の笑いを誘い、それに続き本日来場している観客からの祝福コメントや、吉井和哉、中村達也、木村カエラといったミュージシャンからの祝福コメント映像が上映される。そして、会場内後方から歓声が上がるのを受けて、そちらに目をやると、なんと客席通路を通って、PAエリアに設けられたセンターステージに斉藤和義が登場する。ここは一人で弾き語りのパフォーマンス。“アゲハ”“やわらかな日”“彼女は言った”という斉藤和義のストーリーテリングの素晴らしさが結実した楽曲が披露されていく。ここで既にニュースでも報じられている通り(http://ro69.jp/news/detail/88103)、巨大スクリーンを使って、10月23日に2枚同時リリースされるアルバムのタイトルが『斉藤』と『和義』であることも発表。「タイトルを考えるのが嫌になりまして。右チクビ、左チクビでいいかなと思ったんですが、お客さんがお店で注文する時に困るだろうから」と、ここでも下ネタを忘れない。

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
さらに一人で“月光”を披露した後、再びメイン・ステージに戻って、セカンド・アンコールへ。「いやあ、ヘトヘトですわ」と語っていたせっちゃんだが、自らのピアノから“君の顔が好きだ”をスタートさせ、最新曲の一つ“Always”では更に会場をドライヴさせてみせる。「十年前にもしもちょっと行けるのなら」「変わったもの 変わらないもの すべては胸の中に」といった一節を持つ“月影”がここで披露され、様々な思いと共に会場中の手が左右に揺れる。最後の最後は“歩いて帰ろう”。客電もついたアリーナに大量の風船が降り注ぐ。時計を見れば21時半を回っている。最後スクリーンの大写しになった「これからもよろちくび」と「帰れ!」という、実にせっちゃんらしいメッセージと共にアニバーサリーライヴは終わった。

斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
斉藤和義 @ さいたまスーパーアリーナ
この日のMCでも語っていたが、新作は『斉藤』のほうがこれまでのシングル曲などをまとめた内容になるのに対し、『和義』のほうはThe Birthdayのチバユウスケとの共作曲やツアーメンバーとのセッションでレコーディングされたナンバー、はたまた一人で多重録音で作られた楽曲も収録されるという。デビューから20年、その節目となるライヴは圧倒的な内容だったが、でも最初に書いたように、そこには気負いはない。新しいことをやりながら、これからも変わらず音楽の旅路は続いていく。そのことを、この日のライヴは雄弁に語っていた。(古川琢也)


01:ずっと好きだった
02:Hey! Mr.Angryman
03:Are You Ready?
04:カーラジオ
05:ワンモアタイム
06:愛に来て
07:俺たちのロックンロール
08:僕の見たビートルズはTVの中
09:進め なまけもの
10:空に星が綺麗
11:郷愁
12:老人の歌
13:無意識と意識の間で
14:月の向こう側
15:歌うたいのバラッド
16:何処へ行こう
17:砂漠に赤い花
18:BAD TIME BLUES
19:やさしくなりたい
20:Hello! Everybody!
21:ロケット
22: ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~

E-1:アゲハ
E-2:やわらかな日
E-3:彼女は言った
E-4:月光
E-5:君の顔が好きだ
E-6:Always
E-7:月影
E-8:歩いて帰ろう
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする