ノエル・ギャラガー、ロックンロールは「冬眠中」と語る

ノエル・ギャラガー、ロックンロールは「冬眠中」と語る

先週末開催されたFUJI ROCK FESTIVAL '15で最終日・26日(日)のヘッドライナーを務めたノエル・ギャラガーだが、先頃出演したBBC4の「What Ever Happened to Rock'n'Roll?」でロックンロールの現状について語っている。

「ロックンロールは死んだのか」と問われたノエルは、「死んじゃいねえよ、俺がまだやってるじゃねえか、俺がやってるかぎり死なねえよ!」と次のように応じている。

「ロックはあるんだよ、だけど世代交代が起きてないのは確かだな。アークティック・モンキーズとかカサビアン、レイザーライト、ザ・リバティーンズ、そのあと誰も出てきてないだろ。出てきてるっていうなら言ってみろよ。もう10年だろ。だから冬眠してるって証拠だよ」

さらに、オアシスはインターネットが音楽業界に革命を起こす前の「旧世界」に属していたのだとも語っている。

「オアシスは旧世界最後のバンドだったんだ。俺達はたまたまデジタル・エイジ前に出てきたんだよ」

だがノエルは、インターネットが実際にはロックに悪影響を及ぼしたと思っているという。インターネットの普及によってロックに興味を持つ人が減り、オアシスがデビューした時代に比べてレコード・レーベルは新人バンドに投資したがらなくなっている気がする、と彼は言う。

「理論的には、インターネットとYouTubeは、新しいバンドが世に出るための力になるはずだろう、だが現実にはそうなってない──むしろ逆だ、状況は悪くなってる。今じゃレコード・レーベルだって、ワーキングクラスのバンドにまるっきり興味ないんだよ」

最新ブログ

フォローする