【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑥

【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー①
6月28日(水)に1年7ヶ月ぶりのニューアルバム『ジャム』をリリースする関ジャニ∞。ここ数年、特に音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』を通じて様々なミュージシャン、クリエイターたちとバンド・セッションや音楽についての濃いトークを毎週繰り広げ、紡ぎ上げられた繋がり、加速した各メンバーの音楽…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー②
(毎日レビュー2日目) M4 なぐりガキBEAT M5 夢への帰り道 M6 えげつない 2日目の『ジャム』レビューはこの3曲。今年初頭にリリースされたシングル曲“なぐりガキBEAT”は、横山裕が佐々木蔵之介と共にダブル主演した映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の主題歌であ…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー③
(毎日レビュー3日目) M7 パノラマ M8 Never Say Never M9 侍唄(さむらいソング) アルバムも後半に差し掛かるM7~M9は、ロックからバラードまで関ジャニ∞の音楽性の幅広さを証明する並びになっている。36枚目のシングルでありアニメ『モンスターハンター…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー④
(毎日レビュー4日目) M10 S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き M11 NOROSHI M12 青春のすべて レビュー4日目、全盤種共通で収録される12曲のラストはこの3曲。エイトにちなんで「七転び八起き」をしれっと“S.E.V.E.N 転び E.I…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑤
(毎日レビュー5日目) M13 ノスタルジア(初回盤A収録) M13 Answer(初回盤B収録) 今回レビューするのは初回盤Aに収録の“ノスタルジア”と、初回盤B収録の“Answer”だ。この2曲は彼らが年上の3人(横山裕、渋谷すばる、村上信五)と年下の4人(丸山隆…

(毎日レビュー6日目)

通常盤のみ収録
M13 生きろ
M14 JAM LADY
M15 Traffic


CDのみの通常盤には、全盤種に共通して収録される12曲に加えて、それぞれメンバー自身が作詞・作曲を手がけた楽曲が3曲収録される。M13“生きろ”は渋谷すばるが作詞・作曲だけでなく編曲まで自身で担当。たとえ上手に生きているとは言えなくても、自分自身を生きることだけは絶対に譲らない、そんな渋谷の生き方を投影したこの楽曲に、他のメンバーもそれぞれの「自分自身を生きること」をまっすぐ演奏と歌にぶつけていることがはっきりと感じられる。これまでの彼らの楽曲の中でも特に力強い、裸の7人の音と声の「ジャム」がここにある。安田章大の作詞・作曲によるM14“JAM LADY”は、どんな現場においても温かい空気で人々を包み込む柔らかさを持ちながらも、音楽を通じてのコミュニケーションによって最も自由で開放的になれる安田が、ソングライターとして一際ハジけまくっているミクスチャー・パーティー・チューン。そんな安田の音楽的自由さを全員アゲアゲで迎え撃つこの感じ、最高だ。そして錦戸亮が作詞・作曲、そして編曲もPeachと共に彼自身が担当しているM15 “Traffic”。7台の車がスピードを競い合うカーチェイスのような演奏で、黒光りするファンキーグルーヴが紡がれるこの曲は、関ジャニ∞の持つ男気を、豊かなロックの引き出しでカッコよく表現することを追求してきた錦戸のソングライティングの現時点での最高峰の仕上がりだと言えるだろう。
僕は以前から、メンバー同士が強い絆で繋がっているグループはたくさんあるけれど、関ジャニ∞は、草木でたとえるなら、土の中の深いところにある根っ子の部分で7人がしっかりと繋がっているグループだと感じていた。昨日のレビューでご紹介した限定盤のみ収録の2曲において「共同作業」によって描かれた「繋がり」が、この通常盤のみ収録の3曲においては「個」の才能のぶつかり合いによって同じ濃さで描かれている。そこに僕は関ジャニ∞の、グループとしての決して折れない強さの理由があると思う。(古河晋)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする