【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑦

【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー①
6月28日(水)に1年7ヶ月ぶりのニューアルバム『ジャム』をリリースする関ジャニ∞。ここ数年、特に音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』を通じて様々なミュージシャン、クリエイターたちとバンド・セッションや音楽についての濃いトークを毎週繰り広げ、紡ぎ上げられた繋がり、加速した各メンバーの音楽…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー①
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー②
(毎日レビュー2日目) M4 なぐりガキBEAT M5 夢への帰り道 M6 えげつない 2日目の『ジャム』レビューはこの3曲。今年初頭にリリースされたシングル曲“なぐりガキBEAT”は、横山裕が佐々木蔵之介と共にダブル主演した映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の主題歌であ…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー②
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー③
(毎日レビュー3日目) M7 パノラマ M8 Never Say Never M9 侍唄(さむらいソング) アルバムも後半に差し掛かるM7~M9は、ロックからバラードまで関ジャニ∞の音楽性の幅広さを証明する並びになっている。36枚目のシングルでありアニメ『モンスターハンター…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー③
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー④
(毎日レビュー4日目) M10 S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き M11 NOROSHI M12 青春のすべて レビュー4日目、全盤種共通で収録される12曲のラストはこの3曲。エイトにちなんで「七転び八起き」をしれっと“S.E.V.E.N 転び E.I…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー④
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑤
(毎日レビュー5日目) M13 ノスタルジア(初回盤A収録) M13 Answer(初回盤B収録) 今回レビューするのは初回盤Aに収録の“ノスタルジア”と、初回盤B収録の“Answer”だ。この2曲は彼らが年上の3人(横山裕、渋谷すばる、村上信五)と年下の4人(丸山隆…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑤
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑥
(毎日レビュー6日目) 通常盤のみ収録 M13 生きろ M14 JAM LADY M15 Traffic CDのみの通常盤には、全盤種に共通して収録される12曲に加えて、それぞれメンバー自身が作詞・作曲を手がけた楽曲が3曲収録される。M13“生きろ”は渋谷…
【特別企画】関ジャニ∞、傑作ニューアルバム『ジャム』1週間毎日レビュー⑥

(毎日レビュー7日目)

DVD ドキュメント映像「フトコロノカタナ」(初回限定盤A)
DVD バラエティ映像「撮り合いメイキング」(初回限定盤B)


今回は音源から離れ、初回限定盤A、Bにそれぞれ収録されている特典映像についてレビュー。初回盤Aには“青春のすべて”のミュージックビデオに加え、「フトロコノカタナ」と題した1時間30分にも及ぶドキュメンタリー映像が収録される。7人が個々に自分が自分らしくいるために必要なものや時間、つまり「フトコロノカタナ」を挙げ、それについて語るインタビューと、会議室での『ジャム』の企画ミーティングの様子が収められたこちらは、言わば「言葉」を中心にした映像集だ。彼らがフトコロノカタナに選んだものは7人7様、ひとりになって無に還る時間を求める人、より突き詰めて集中する人、リセットする人もいれば、ルーツに戻る人もいる。達成感を語る人もいれば、挫折感を語る人もいる。でもそのてんでばらばらのカタナが、最終的に関ジャニ∞をより強くするために戻ってくる、ただひとつの鞘に納まっていく感覚が面白い。また、会議風景もツボが満載だ。
一方の初回盤Bには“今”のミュージックビデオと「撮り合いメイキング」と題されたバラエティ映像が収録される。撮影で訪れた沖縄でビデオカメラを一台ずつ持たされたメンバーが、文字通り互いを撮り合うというもので、メンバーにしか見せない顔、メンバーにしか撮れない顔をテーマに、彼らが好き勝手に撮っていくのだが、これが本当に個々のキャラクターが滲み出ていて面白すぎるのだ。どんどんカメラを回し、自分もばんばんメンバーのカメラに映っていく人もいれば、何を撮ればいいのか迷う人、気づけば黒子のインタビュアー状態になって自分があまり映ってない人(そしてその人をさりげなくフォローしてカメラに収める人)などなど、どんなリアリティ番組よりもリアルな7人の日常、性格、関係性が見えてきて、ファンはこれを肴に一晩中語り合えるはず。
「フトコロノカタナ」が「言葉」を紡ぐことで示されたエイトの本質だったとしたら、この「撮り合いメイキング」は「言葉はいらない」関係である彼らによって曝け出された、エイトの素の姿だ。どちらにおいても改めて思うのが、彼らは本当にカラフルな個性の集合体なのだということ。そして見る角度によって虹色が様々な色の重なりに見えるように、7色の集合体である関ジャニ∞の7色に終わらない、無限の発色の理由を知ることができる2本の映像なのだ。(粉川しの)

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする