ザ・ヴァーヴとザ・シャーラタンズのメンバーが英フェスで共演! ザ・ヴァーヴの楽曲演奏

  • ザ・ヴァーヴとザ・シャーラタンズのメンバーが英フェスで共演! ザ・ヴァーヴの楽曲演奏
  • ザ・ヴァーヴとザ・シャーラタンズのメンバーが英フェスで共演! ザ・ヴァーヴの楽曲演奏
  • ザ・ヴァーヴとザ・シャーラタンズのメンバーが英フェスで共演! ザ・ヴァーヴの楽曲演奏
  • ザ・ヴァーヴとザ・シャーラタンズのメンバーが英フェスで共演! ザ・ヴァーヴの楽曲演奏

ザ・ヴァーヴのギタリストであるニック・マッケイブとドラマーのピーター・サリスベリー、ザ・シャーラタンズのベーシストであるマーティン・ブラントが共演したことが分かった。

「Radio X」によると、ニック・マッケイブとピーター・サリスベリーの共演は実に10年越しに実現したものだったという。

現地時間7月27日から30日までイギリスのペンリスで行われた「ケンダル・コーリング・フェスティバル」に出演した3人は、プライマル・スクリームのアルバムにも参加しているデニス・ジョンソンをボーカルに迎え、ザ・ヴァーヴの楽曲“Rolling People”を演奏。他にも3人はファンカデリックの“Super Stupid”も披露したようだ。

当日の会場に使われたのは、ザ・シャーラタンズのフロントマン、ティム・バージェスがプロデュースするステージ「Tim Peaks」。「マンチェスター・イブニング・ニュース」によると、ティム・バージェスはこの共演について以下のように語っていたという。

「何日か前にザ・シャーラタンズのスタジオでリハーサルをしたんだけど、彼らの演奏を見た人の中には『圧倒的』なんていうコメントをしてる人もいたよ(中略)秘密は守らなきゃいけないけど、セットリストの何曲かを見たんだ。ゲスト・ボーカルがいてね、でも、あの彼じゃないよ、僕でもないけど、みんなが知ってる誰かさ」

当日の映像は「Radio X」の記事より見ることができる。
http://www.radiox.co.uk/artists/the-verve~

また、当日の様子をデニス・ジョンソンがTwitterに投稿している。この写真にはニック・マッケイブとピーター・サリスベリー、マーティン・ブラントが共に写っている。


なお、2010年にザ・シャーラタンズのドラマーであるジョン・ブルックスがアメリカ・ツアー中に脳腫瘍で倒れた際、ピート・サリスベリーが代役としてツアーに同行していた。

関連記事はこちら。

ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムス』20周年記念デラックス・エディションが発売決定!
ザ・ヴァーヴが1997年に発表した『アーバン・ヒムス』が20周年デラックス・エディションとして9月1日にリリースされることが決定した。日本盤では2CDデラックス・エディションが発売となる。 『アーバン・ヒムス』は1997年9月29日に発売されたバンドの3rdアルバムであり、発売後12…
ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムス』20周年記念デラックス・エディションが発売決定!

最新ブログ

フォローする