ニール・ヤング、1976年レコーディングの『Hitchhiker』を9月にリリース

ニール・ヤング、1976年レコーディングの『Hitchhiker』を9月にリリース

ニール・ヤングが、1976年にレコーディングを行ったアコースティック・アルバム『Hitchhiker』を9月8日にリリースすることが明らかになった。

アルバム『Hitchhiker』の収録曲として当時レコーディングされていた“Human Highway”や“Pocahontas”などの楽曲は後の『カムズ・ア・タイム』(1978)や『ラスト・ネヴァー・スリープス』(1979)にも収録されている他、タイトル曲の“Hitchhiker”は『Le Noise』(2010)に収録されている。


1976年当時のプロデューサーはデヴィッド・ブリッグスが務めており、今回のリリースに当たってはジョン・ハンロンをポスト・プロデューサーに迎えているという。

『Hitchhiker』のトラックリストは以下。

1. Pocahontas
2. Powderfinger
3. Captain Kennedy
4. Hawaii
5. Give Me Strength
6. Ride My Llama
7. Hitchhiker
8. Campaigner
9. Human Highway
10. The Old Country Waltz

関連記事はこちら。

50年に渡るニール・ヤングの音楽人生とは? 60年代から現在まで、時代を映し出す音楽性を追う
今年72歳を迎えるニール・ヤングは、ミュージシャンとしての活動を始めてから実に半世紀が経つ。彼はその半世紀の間、移り変わる音楽シーンの中で常に時代を映し出してきた。 8月1日(火)発売の『ロッキング・オン』9月号では、ニール・ヤング自ら自身の主要曲16曲を語るロング・インタビューに始…
50年に渡るニール・ヤングの音楽人生とは? 60年代から現在まで、時代を映し出す音楽性を追う - 『rockin'on』2017年9月号より

ニール・ヤング、新メッセージ・ソング“Children of Destiny”のMVを公開
ニール・ヤングが新曲“Children of Destiny”のミュージック・ビデオを公開した。 ウィリー・ネルソンの息子らによるユニット、プロミス・オブ・ザ・リアルとの連名ナンバーとなる同新曲は「信じるもののために立ち上がろう / 既存の権力に抵抗しよう(Stand up for …
ニール・ヤング、新メッセージ・ソング“Children of Destiny”のMVを公開

最新ブログ

フォローする