2011年に活動停止のザ・ストリーツ、来年4月のUKツアーを発表。「ツアー・バスが恋しくなった」から?

2011年に活動停止のザ・ストリーツ、来年4月のUKツアーを発表。「ツアー・バスが恋しくなった」から? - ザ・ストリーツ 2011年作『コンピューターズ・アンド・ブルース』ザ・ストリーツ 2011年作『コンピューターズ・アンド・ブルース』

2011年にリリースした5thアルバム『コンピューターズ・アンド・ブルース』を最後に活動を停止していたザ・ストリーツが2018年にUKツアーを行うことが明らかになった。

過去の楽曲群が披露されるという同ツアーは「The Darker The Shadow The Brighter The Light」と題され、2018年の4月19日から敢行される予定だ。現在のところ4月26日までの6公演が発表されている。

「バンドの面々と話をしたよ! 昔の曲を色々やらないとなってね! 13日の金曜日、午前9時からチケット発売」

ザ・ストリーツのマイク・スキナーは「NME」に対し、今回のツアー決行の理由について以下のように話したという。

ツアー・バスがものすごく恋しくなっちゃったんだ。まあ、これはザ・ストリーツのツアーをやるって決意した些細な理由にすぎないんだけど。他にも、MCで何を話すか考えるっていうのも懐かしいなって思ってね。DJをやってるとツアー・バスもMCも必要なくなるんだけど、正直なところ、ちょっと(活動停止の期間が)長すぎた。(中略)バスの中で色々吸ったりするタイプじゃなくなって、僕はいまやクラブの人間だ。だから、今回のツアーでも、ライブ後は毎回DJをやることになると思うよ。


なお、元ザ・ミュージックのロブ・ハーヴェイと共にThe D.O.T.としても活動を行うマイク・スキナーは、昨年の11月にはフォーメーションの楽曲“Powerful People”のミュージック・ビデオの監督を務めている。

Formation - Powerful People

最新ブログ

フォローする