メタリカ『メタル・マスター』発売直前、若きラーズは何を語ったのか? インタビューを掲載

メタリカ『メタル・マスター』発売直前、若きラーズは何を語ったのか? インタビューを掲載 - 『rockin'on』2017年12月号より『rockin'on』2017年12月号より

重金属のサウンドを超高速でドライブさせ生み出した、メタリカの3rdアルバムにしてメジャーデビュー作『メタル・マスター』 。

そんなメタル・ミュージックの金字塔と呼ばれる作品が、11月10日にリマスター・ボックス・セットでリリースされる。
『ロッキング・オン』12月号ではこれを祝して、メタル・シーンのみならず現代に至るまで音楽史に多大な影響を与え続ける名盤は如何にして誕生したのかを知るため、歴史的傑作の発売直前に行われた若きラーズ・ウルリッヒのインタビューを掲載している。

記事ではインタビュアーから「このアルバムにおいて今までのあなたたちのアルバムと違うところはどこでしょうか?」と尋ねられたラーズは「今までの3枚のアルバム、それぞれで俺たちが成熟してきたってことは言えると思うんだ。新しいアルバムでは、以前よりも、もっといい曲と、もっといいプロダクションと、もっといい演奏をやっている。俺たちは前作で、俺たち自身が満足できるような、あるスタイルを見つけたと思うんだ。(中略)この新しいアルバムで、俺たちはそこからさらなる一歩を踏み出しているんだ」と、『メタル・マスター』 への自信を口にしている。

そのほか「あなたは今や時のメタリカのクローンがそこら中にいることは認識していますか?」と聞かれると「新しくて、他と違ったことをやっているバンドにはよくあることだよな。(中略)新しいことをやると、サウンドをコピーするバンドはいくらでも出てくるもんだ。AC/DCがいればAC/DCみたいなサウンドが5000くらいいるようにね。一番ビッグになるバンドっていうのは、それを最初にやったバンドなんだよ」と述べるなど、まさに怖いもの知らずだった若き日のラーズらしい発言が飛び出す記事となっている。

また、インタビュー記事と合わせて、今だからこそ知りたい『メタル・マスター』のトリビアも掲載。これらを読めば、きっと『メタル・マスター』を、何よりメタリカをより好きになるはずだ。



『ロッキング・オン』12月号の詳細はこちらから。
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/144104

メタリカ『メタル・マスター』発売直前、若きラーズは何を語ったのか? インタビューを掲載 - 『rockin'on』2017年12月号 11月1日発売『rockin'on』2017年12月号 11月1日発売
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする