レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身

レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke KashiwazakiPhoto by Yusuke Kashiwazaki
9月22日~10月12日(金)まで開催中の「音楽の解放区」をテーマにしたレッドブルによる音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の、オープニングプログラムが9月22日に開催された。

本プログラムは「62 MINUTES YAMANOTE LOOP」と題され、山手線がDJ機材やサウンドシステムを設置したライブハウスに様変わりし、通常ダイヤのなかを大崎駅から特別車両として出発。車両内ではちゃんみな、Licaxxx、Omodaka a.k.a. 寺田創一の3名によるライブが実施された。

大崎駅では、「レッドブル ミュージックフェスティバル ヤマノテループにお越しのお客さまにご連絡します」のアナウンスとともに、電光掲示板には、「62 Minutes Yamanote Loop 翼をさずける 山手線!」の文字が表示された。列車が動き出すと62分の音楽が溢れるイベントがスタート。

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki

    Photo by Yasuharu Sasaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki

    Photo by Yasuharu Sasaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki

    Photo by Yasuharu Sasaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki

    Photo by Yasuharu Sasaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yasuharu Sasaki

3組のアーティストによるパフォーマンスが行われた3車両のほか、3号車ではドリンクの提供があり、5号車にはフォトスポットが設けられ、車内は提灯やのれんなどの和風テイストな装飾が施されていた。

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kato

    Photo by Kato

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kato

    Photo by Kato

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kouichi Nakazawa

    Photo by Kouichi Nakazawa

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kato
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kato
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Kouichi Nakazawa
まず、4号車のLicaxxxのパフォーマンスがスタート。車両の中央に設置されたDJブースで、終着駅までノンストップでパフォーマンスが行われた。車内は曲が始まると歓声が起こり、電車の走る音とLicaxxxが奏でるビートに合わせて観客は身体を揺らし、身体全体で音楽を感じていたという。新宿を通過する際には、Licaxxxが窓の外を覗き込みホームに向かってパフォーマンス。観客との距離が近いこのイベント内でも、Licaxxxは終始笑顔で観客に手を振り、一体感のある親密な空気に会場は包まれていたとのこと。

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito

    Photo by Suguru Saito

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito

    Photo by Suguru Saito

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito

    Photo by Suguru Saito

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Suguru Saito
6号車では、Omodaka a.k.a. 寺田創一のパフォーマンスがスタート。歌う液晶スクリーンや、ライブ機材には携帯ゲーム機、タッチパネル式シンセサイザーも設置され、本人は巫女装束に仮面で登場した。“三階節”から始まったパフォーマンスでは、液晶ディスプレイに映し出された仮想シンガーと共に会場を沸かせたという。「ご乗車ありがとうございます、出発進行!」の掛け声で盛り上がった車内で、“ひえつき節”、“ギャラクシー刑事”、“Kira Kira Bushi”などを披露。途中、お菓子をくばるパフォーマンスがあり、観客はペンライト替わりにお菓子を振った。今日のゲストと紹介された「ゲームボーイカラー」からはピコピコ音が流れ、目でも耳でも楽しめるパフォーマンスは続き、“Plum Song”を含む全17曲を披露した。

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki

    Photo by Yusuke Kashiwazaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki

    Photo by Yusuke Kashiwazaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki

    Photo by Yusuke Kashiwazaki

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身 - Photo by Yusuke Kashiwazaki
13:30には、最後方車両からステージのある2両目まで、観客の間をゼロ距離で、縫うように掻き分けて登場したちゃんみな。ダンサー達とまずは“MY NAME”を披露。“FXXKER”では、多くの観客の中から数名をチョイスして前の席へと連れ出した。また、MCでは「山手線でこんなことありますか? 緊張します。音楽はあなたとわたしだけのものです。この時間を楽しみましょう!」と話した。“CHOCOLATE”では車両一体が1つとなってダンスを踊り1番の盛り上がりを見せたという。終盤には“I Really Hate This Love Song”を歌い上げ、最後は“LADY”で締めくくった。

  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身
  • レッドブルの音楽イベント、ちゃんみなら出演ライブは「山手線」がライブハウスに変身

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする