ファンタスティック・フォー他数々のスーパーヒーローの生みの親、スタン・リーが逝去。享年95歳

ファンタスティック・フォー他数々のスーパーヒーローの生みの親、スタン・リーが逝去。享年95歳

スパイダーマン、X-MEN、ファンタスティック・フォーなど数々のスーパーヒーローの生みの親であり、マーベル・コミックの元会長であるスタン・リーが95歳で亡くなったことが分かった。

「The Hollywood Reporter」などが報じたところによると、スタン・リーは現地時間11月12日の早朝にロサンゼルスの病院で息を引き取ったとのことだ。死因は発表されていない。

1922年生まれのリーは、1939年にマーベル・コミックの前身であるタイムリー・コミックスに入社。その後ファンタスティック・フォーを生み出したことをきっかけにアメリカン・コミックス界に革新をもたらした。

なお自身が製作した劇場映画に頻繁にカメオ出演することでも知られているリーは、現在公開中の『ヴェノム』にも出演している。

マーベル・コミックの公式サイトで追悼として発表された、スタン・リーの言葉は以下。

昔は周りの皆が橋を建設したり医療に従事する中、コミックを書いている自分を恥ずかしく思っていたものだった。

だが、そんな時気づいたんだ。エンターテイメントというのは、人々の生活に無くてはならないものだと。エンターテイメントがなければ、人間は向こう見ずな行動を取るようになると思うんだ。

君が人を楽しませることができるのなら、それはとても良いことなんだよ。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする