マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー『Leaving Neverland』、トレーラーが公開。少年に対する性的虐待を描き物議を醸す

マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー『Leaving Neverland』、トレーラーが公開。少年に対する性的虐待を描き物議を醸す

アメリカはユタ州で開催されたサンダンス映画祭にてプレミア上映され、その内容から大きな衝撃が走ったマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画『Leaving Neverland』だが、このたび同作品のトレーラー映像が公開された。

同作品は、マイケルの2人の少年に対する性的虐待を描いたドキュメンタリーで、「Pitchfork」によれば、今回公開されたトレーラーでは当時被害を受けたというJames SafechuckとWade Robsonがインタビューに答えるシーンなどが収められているとのこと。

トレーラー映像は、アメリカのケーブルTV局、HBOのYouTubeチャンネルにて確認することができる。
https://youtu.be/R_Ze8LjzV7Q

なお、マイケルの財団は同作品を「嘘」であると指摘し、反論する機会などが意図的に与えられず、2人の証言を裏付ける家族以外の人々の証言をまったく取っていないなど、あまりに一方的であると述べている。

2部構成で計4時間におよぶ同作品は、HBOにて現地時間3月3日、4日に放送される予定だという。

関連記事は以下。

マイケル・ジャクソンの2人の少年への性的虐待を描いたドキュメンタリーが上映。 アメリカに衝撃が走る。
現在ユタ州でサンダンス映画祭が開催されているが、その幕開けの1月25日に、マイケル・ジャクソンの2人の少年に対する性的虐待を描いたドキュメンタリー映画『Leaving Neverland』が初上映され、アメリカに大衝撃が走っている。 「この映画を観た後では、2度とマイケル・ジ…
マイケル・ジャクソンの2人の少年への性的虐待を描いたドキュメンタリーが上映。 アメリカに衝撃が走る。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする