ジョン・ライドン、製作が噂されているピストルズ伝記映画について「バンドは承認してない」とコメント

ジョン・ライドン、製作が噂されているピストルズ伝記映画について「バンドは承認してない」とコメント

セックス・ピストルズが登場する可能性がある映画の企画が浮上していることは既に報じたが、ジョン・ライドンが「映画はバンドの承認を得ていない」とコメントしていることが明らかとなった。

この映画は、セックス・ピストルズのマネージャーだったマルコム・マクラーレンと、彼の元恋人でファッション・デザイナーのヴィヴィアン・ウェストウッドを中心に描く作品になるとのことで、現時点では、どの程度セックス・ピストルズが映画に登場するのかは不明だとされていた。

そんな中、ジョン・ライドンが、映画の製作について次のようなコメントをツイートした。


最近、セックス・ピストルズの伝記映画の報道を目にしたかもしれないが、映画について誤解を避けるために、同作が無許可で非公式、そしてセックス・ピストルズの承認を得ていないことを言っておく。


なお、「Alternative Press」によると、マクラーレンとウェストウッドを中心に描くこの映画は、映画会社Starlight Filmと映画プロデューサーのAyesha Plunkettの元で18カ月にわたり製作が進行中で、まだ撮影は始まっていないがキャスティングの段階に入る目前であるとのことだ。

関連記事はこちら。

『ボヘミアン・ラプソディ』の成功を受け、ピストルズ映画制作の噂。マルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウェストウッドが中心に
第91回アカデミー賞で最多4部門を受賞し、世界的な大ヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』の成功を受け、セックス・ピストルズが登場する可能性がある映画の企画が浮上していることが明らかとなった。 「Daily Star」のニュースを報じた「Ultimate Classic Rock」…
『ボヘミアン・ラプソディ』の成功を受け、ピストルズ映画制作の噂。マルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウェストウッドが中心に
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする