コリィ・テイラー、たとえスリップノットを辞めても「バンドは終わらない」とコメント。「誰かが代わりをやってくれるかもしれない」

コリィ・テイラー、たとえスリップノットを辞めても「バンドは終わらない」とコメント。「誰かが代わりをやってくれるかもしれない」

ニュー・アルバム『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』を8月9日にリリースするスリップノットのコリィ・テイラーが、たとえ自分が辞めたとしてもバンドは続くだろうと話していることが分かった。

Blabbermouth」によると、コリィは「Metal Hammer」最新号に収録されているインタビューの中で、スリップノットがデビュー・アルバムをリリースしてからちょうど20年経った今、今後このバンドをどれくらい続けられるのか、という質問に対して次のように語ったという。

そりゃあ確かに、そのことは時が経つにつれ頭をよぎるよ。昔よりもキツくなってきてるしね。いつ終わりがくるのかってことは考える。始めた頃は、20年後もやってるなんて誰も考えてなかったんだ。

もし俺がもうこれ以上は無理だってなったら辞めるけど、でもそれはバンドが終わることを意味しない。俺ができないなら、誰かが俺の代わりをやってくれるかもしれない。

以前も考えたことはあるんだ。もしふさわしい人が現われて、他のメンバーたちも乗り気なら、俺は立ち去るよ。誰もごまかせないからね。


また、コリィは3年前にも、いつかバンドから「身を引くかもしれない」という自身のコメントを詳しく説明していたという。当時彼は「BBC Radio 1」の番組「Someone Who Isn’t Me」のポッドキャストで、ツアーに疲れてしまう日が来ると思うかと訊かれ、次のように答えていたそうだ。

その質問を1年前に訊かれてたら、正直ノーと答えてたと思う。でも今は、実際疲れてきてるんだ。俺はもう若くない。気持ち的にやる気があっても、本当にくたくたなんだよ。


関連記事は以下。

【ロッキング・オンを読む】スリップノット、いよいよ始動! 新作を8月にリリースする彼らの快進撃を見逃すな
スリップノットが、いよいよ動き始めた。世界19ヵ国のアルバム・チャートにおいて初登場でトップ5入りを果たし、アメリカやオーストラリアのみならずここ日本でも1位を獲得した『. 5:ザ・グレイ・チャプター』から5年、通算第6作にあたるオリジナル・アルバムがついに完成。8月9日に発売を迎える。バ…
【ロッキング・オンを読む】スリップノット、いよいよ始動! 新作を8月にリリースする彼らの快進撃を見逃すな - pic by Alexandria Crahan Conway
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする