【レディング&リーズ】フー・ファイターズ、オアシス再結成のために署名を呼びかけ? トゥエンティ・ワン・パイロッツ&ポスト・マローンはオアシスをカバー

【レディング&リーズ】フー・ファイターズ、オアシス再結成のために署名を呼びかけ? トゥエンティ・ワン・パイロッツ&ポスト・マローンはオアシスをカバー

現地時間8月23日から8月25日にわたりイギリスで開催された「レディング&リーズ・フェスティバル」だが、同フェスに出演したアーティストによる「オアシスに関するトピック」をまとめて紹介する。

Consequence of Sound」によると、8月25日にリーズ・フェスティバルに出演したトゥエンティ・ワン・パイロッツのステージにポスト・マローンが登場、タイラー・ジョセフがピアノ、ポスト・マローンがギターをそれぞれ弾きオアシスの“Don't Look Back in Anger”を一緒にカバーしたとのことだ。

ファンが撮影したポスト・マローンとトゥエンティ・ワン・パイロッツの共演の様子は以下より見ることができる。

https://twitter.com/idwfallaway/status/1165705641358430209

また「BBC Radio 1」のTwitterでは、ジョセフのみでのパフォーマンスの一部がアップされている。


そして「ROCK CELLAR」によると、同日8月25日にレディング・フェスティバルでヘッドライナーを務めたフー・ファイターズは、メンバーのテイラー・ホーキンスがバスドラムの正面にギャラガー兄弟の写真が貼られたドラム・セットを使用していたという。

https://twitter.com/foofighters

さらに、ライブ中、テイラー・ホーキンスが「近いうちにオアシスが戻って来るよ。いつかね。今取り組んでるところなんだ」と述べ、オアシス再結成の署名運動を始めるから手伝ってくれるようファンを促すと、フロントマンのデイヴ・グロールは「署名してくれよな。ここにいるみんなだ。いいね?」と呼び掛けていたそうだ。

テイラー・ホーキンスとデイヴがコメントしている様子は、以下のファンが撮影した動画にて見ることができる。

https://twitter.com/officialillwill/status/1165730376372932609

オアシスは、2009年にノエル&リアム・ギャラガー兄弟の不仲が原因で事実上の解散。以前、ノエルは英『MOJO』誌のインタビューで、再結成オファーのギャラがマジック・ナンバーに達すればしてもいいと考えていたが、その後リアムが自身の家族の悪口までSNSで言い始めたのを知って気持ちが180度逆転したと語っていた

なお、今週8月30日には、オリジナルの発売より25周年を迎えた、オアシスのデビュー・アルバム『オアシス』(原題:Definitely Maybe)のシルバー・カラー・ヴァイナル(アナログ盤)とピクチャー・ディスクがリリースされる予定だ
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする