スティングだけがポリスを生まれ変わらせる――その理由を来日ツアー中に明かす!

スティングだけがポリスを生まれ変わらせる――その理由を来日ツアー中に明かす! - 『rockin'on』2019年12月号より『rockin'on』2019年12月号より

ぼくたちが登場した時代、パンク・ミュージシャンは技術を持ち合わせてなかった。だけどレゲエを弾くには技術が要るんだよ。だから、レゲエはぼくたちにとって、目印になる旗だったんだよ


ポリス時代の楽曲からソロとしての曲をあらためてレコーディングした最新作『マイ・ソングス』を引っ提げたツアーで来日したスティング。ライブは2年前の『ニューヨーク9番街57丁目』のツアーと同様、どこまでもパワーのみなぎるパフォーマンスでもって、ポリス時代から03年の『セイクレッド・ラヴ』までの楽曲を披露する内容となった。驚くのはどの曲も同列にエッジが立っており、今現在のスティングの楽曲として鳴っていたことだ。その一方で、ここまでパワーアップされたパフォーマンスの中で、今のライブのポリスの楽曲の鋭さが実は自分の中のポリスのイメージに最も近いものであることに驚きつつ、感銘を受けた。こうした鍛え直しというか、アップグレードともいえる作業へ駆り立てているものはなんなのか。来日時、スティングに訊いた。(高見展)



スティングの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』12月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

スティングだけがポリスを生まれ変わらせる――その理由を来日ツアー中に明かす! - 『rockin'on』2019年12月号『rockin'on』2019年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする