スクエアプッシャー、「直球でインパクトに満ちた」新AL『Be Up A Hello』を2020年1月にリリース! 新曲も公開

  • スクエアプッシャー、「直球でインパクトに満ちた」新AL『Be Up A Hello』を2020年1月にリリース! 新曲も公開 - pic by Donald Milne

    pic by Donald Milne

  • スクエアプッシャー、「直球でインパクトに満ちた」新AL『Be Up A Hello』を2020年1月にリリース! 新曲も公開
  • スクエアプッシャー、「直球でインパクトに満ちた」新AL『Be Up A Hello』を2020年1月にリリース! 新曲も公開 - pic by Donald Milne
  • スクエアプッシャー、「直球でインパクトに満ちた」新AL『Be Up A Hello』を2020年1月にリリース! 新曲も公開

スクエアプッシャーが、約5年ぶりとなるニュー・アルバム『Be Up A Hello』を2020年1月31日(金)にリリースすることを発表した。

同アルバムには、今月開催されたWarp Recordsの30周年を記念したDJツアー「WXAXRXP DJS(ワープサーティディージェイズ)」でも披露された未発表の新曲も収録されるとのこと。

また、同アルバムのリリース決定と合わせて、先行シングル“Vortrack”、そして自らが手掛けた同楽曲のリミックス“Vortrack (Fracture Remix)”も同時解禁された。なお、この2曲を収録した12インチは、アルバムに先駆け12月6日 (金) にリリースされるという。



アルバムについて、スクエアプッシャーは以下のようなコメントを寄せている。

自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。


なお、同アルバムの国内盤にはボーナストラックが追加収録され、また数量限定でオリジナルTシャツ・セットも発売されるという。

スクエアプッシャーも参加した「WXAXRXP DJS(ワープサーティディージェイズ)」大阪公演のライブレポートは以下。

享楽と実験の激しい衝突――OPN、スクエアプッシャー、ビビオによる豪華DJプレイが実現した「WXAXRXP DJS」の模様をレポート!
エイフェックス・ツインやLFO、オウテカといったアーティストに代表されるような高い実験性を持ったエレクトロニック・ミュージックを次々と世に放ち、その後もロックを含めエレクトロニックに限らないユニークな音楽のリリースを続けている英国の名門レーベル、Warp Recordsが30周年を迎えた。…
享楽と実験の激しい衝突――OPN、スクエアプッシャー、ビビオによる豪華DJプレイが実現した「WXAXRXP DJS」の模様をレポート! - pic by Masanori Naruse


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする