ルー・リード後期の名盤、あの『NEW YORK』がついに画期的リイシュー。自らの証言を通じストーリーテリングの絶対王者の秘密に迫る!

ルー・リード後期の名盤、あの『NEW YORK』がついに画期的リイシュー。自らの証言を通じストーリーテリングの絶対王者の秘密に迫る! - 『rockin'on』2020年10月号より『rockin'on』2020年10月号より

何度も読み返せる、本当に優れた書物のようなレコードを作るということだね。そんなアプローチをロックンロールに持ち込めば、書けるテーマがどれだけたくさんあるか、想像がつくはずだ


1989年、ルー・リードが『NEW YORK』を発表した時のインタビューである。ルーだけでなくパティ・スミス・グループのレニー・ケイやヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の仲間である映画監督のポール・モリセイから、詩作の手ほどきを受けた大学時代の恩師にまで話を聞き、ルー・リード入門としても読める厚みのある記事となっている。

プライベートに関わってくるような質問には決して答えず、自分というパーソナリティは音楽に関係ない、ただ作品だけを聴いて判断してくれ、という趣旨の発言は興味深い。言葉で説明できないから歌にしているわけで当然の話だ。

ルー・リードには私も96年の来日時に取材したことがあるが、その時に聞いた「自分は常に演じている。『本当の自分』に戻ることなど決してない。真実を伝えるために演じる必要があるのだ」という言葉は、彼の信念が終始ブレることなく一貫していたことを示している。

話し方の感じなど、確かに記憶にあるルーそのままでニヤリとさせられる。でも実際に会うと巷間言われるほどの威圧感も無愛想さも感じず、ただの喋り好きのオヤジと感じたのは内緒です。 (小野島大)



ルー・リードの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ルー・リード後期の名盤、あの『NEW YORK』がついに画期的リイシュー。自らの証言を通じストーリーテリングの絶対王者の秘密に迫る! - 『rockin'on』2020年10月号『rockin'on』2020年10月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする