フレディ・マーキュリー、映画『ウェインズ・ワールド』で描かれた“Bohemian Rhapsody”のヘドバン・シーンがお気に入りだった

フレディ・マーキュリー、映画『ウェインズ・ワールド』で描かれた“Bohemian Rhapsody”のヘドバン・シーンがお気に入りだった

フレディ・マーキュリーが、1992年に公開されたコメディ映画『ウェインズ・ワールド』のワンシーンを気に入っていたことがわかった。

フレディが気に入ったのは、クイーンの“Bohemian Rhapsody”に合わせてキャラクターがヘッドバンギングをするシーンだ。

SPIN」によると、クイーンのギタリスト:ブライアン・メイが『ウェインズ・ワールド』のバーチャル・リユニオンに参加。その際、公開前に同映画を観たフレディが“Bohemian Rhapsody”のヘドバン・シーンに爆笑していたことを明かしたという。

ブライアンはウェイン役で主演したマイク・マイヤーズから映画のVHSテープを渡され、それをフレディに見せたのだそうだ。当時の想い出を次のように語っている。

「私は、そのビデオをフレディが亡くなる少し前に持って行き、彼に見せたんだ。フレディは気に入って笑いに笑っていた。すごく彼は弱っていたけど、微笑んで笑っていたよ」


またブライアンは、その時点でクイーンがアメリカではそれほどビッグではなくなっていたため、フレディが、「バンドが再起を遂げるために、自分が死ななくてはならない」と冗談を言っていたことも明かしていたとのこと。

ブライアンはリユニオンに参加した映画のキャストとスタッフに、「君たちは、再びバンドを新しいアメリカのファンに紹介してくれた。そのことをフレディはわかっていたし、それを知りつつ天国へ行ったんだ」とも付け加えていたそうだ。

『ウェインズ・ワールド』のバーチャル・リユニオンの様子は、下の動画で観ることができる。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


フレディ・マーキュリー、映画『ウェインズ・ワールド』で描かれた“Bohemian Rhapsody”のヘドバン・シーンがお気に入りだった - 『rockin'on』2021年1月号『rockin'on』2021年1月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする