レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、人種差別問題をテーマにした短編ドキュメンタリー『Killing In Thy Name』を公開

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、人種差別問題をテーマにした短編ドキュメンタリー『Killing In Thy Name』を公開

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが、人種差別問題をテーマにした短編ドキュメンタリー『Killing In Thy Name』を公開した。

Kerrang!」によると、このドキュメンタリーは国際的なアーティスト集団「The Ummah Chroma(有色人種のコミュニティという意味)」とのコラボレーション。バンドの楽曲“Killing In The Name”が全編を通して使用されている。

ドキュメンタリーは、メンバーによる過去のインタビュー映像と、米国における人種差別問題の歴史について、生徒に教える教師を追った映像で構成されているとのこと。

そのインタビューで、フロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャは「アメリカに住むということは、世界の歴史において最も残忍な社会に住むということだ。ネイティブ・アメリカンの大虐殺を受け継ぎ、奴隷制に加担した国だからな」とコメントしている。

また、ギタリストのトム・モレロは次のように語っている。

「俺の母親(メアリー)は急進的な意見を持った白人女性だ。母は保守的な高校で30年間にわたり、体制に挑むよう生徒を感化する革新的な教師だった。いつも母は自分の言動により、人種差別を無視してはならず、立ち向かわなければならないと教えていた」


ドキュメンタリー作品『Killing In Thy Name』は、以下で観ることができる。

https://www.youtube.com/watch?v=5lnTvwdoQFw&feature=emb_title



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、人種差別問題をテーマにした短編ドキュメンタリー『Killing In Thy Name』を公開 - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする