アリス・クーパー、ジーン・シモンズが言う「ロックは死んだ」説に反論。「ロックは在るべき場所に存在している」

アリス・クーパー、ジーン・シモンズが言う「ロックは死んだ」説に反論。「ロックは在るべき場所に存在している」

アリス・クーパーが、ジーン・シモンズが過去に発した「ロックは死んだ」との説に反論している。

Ultimate Classic Rock」によると、2014年にジーンは“現代世界におけるテクノロジーとその傾向により、ロックが「殺されてしまった」”と述べていたという。

そのジーンの発言について、アリスは「その意見はビジネス的な意味では当てはまるが、芸術という面ではロックは在るべき場所に存在している」と反論している。

「ジーンはビジネスマンだし、ビジネス的にはそれは確かだ。だが間違いなく言えるのは、たった今、ロンドンのどこかやガレージで、誰かがエアロスミスガンズ・アンド・ローゼズを学んでるということだ。そこにはギターやドラムをプレイする18歳のキッズたちがいて、彼らはハード・ロックを学んでいるだろう」


そしてアリスは、その状況はアメリカでも同じだと続けている。

「ある意味で、今、ロックンロールは在るべき場所に存在している。俺たちはグラミーで候補にならないし、メインストリームでもない。今、ロックンロールはのけ者だが、それがアウトローな姿勢を与えてると思う。それはロックンロールにとって非常に良いことじゃないかな。だって、そうやってロックが始まったからだ。その当時、俺たちはみんなアウトローだったし、その後にメインストリームになったからね。ロックというジャンルは始まったまま、決して終わることはない」


なお、先月ジーンは米ラジオ局Q104.3の番組に出演した際、「ロックが死んだのは若いファンが原因」だと自論を展開していた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


アリス・クーパー、ジーン・シモンズが言う「ロックは死んだ」説に反論。「ロックは在るべき場所に存在している」 - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする