ブラック・サバスのトニー・アイオミ、「ロックは死んだ説」に反論。「ロックは死なないよ。メタリカもいる」

ブラック・サバスのトニー・アイオミ、「ロックは死んだ説」に反論。「ロックは死なないよ。メタリカもいる」

ブラック・サバスのトニー・アイオミが、キッスのジーン・シモンズが何度も唱えている「ロックは死んだ説」に反論していることがわかった。

「Heavy Consequence」のインタビューを報じた「Consequence of Sound」によると、「ロックは死んだ説」についてどう思うか質問されたトニーが、こう答えている。

「私は、ロックが死ぬとは思わない。そんなことを何年も言われてるし、過去50年で何度耳にしたかな? 本当にかなりの回数だ。良い音楽は無くならないと思うし、それを求める市場は常に存在してるんだ。途中で消えるバンドはけっこういるだろうが、それはどの時代でも同じだよ。

だが、抜きん出た特定のバンドは生き残る。メタリカがいるじゃないか。彼らは消えないよ。彼らにはたくさんファンがいて、素晴らしいファン・ベースがあるからね。世の中には多くのバンドがいるし、ロックが消えることなんてないだろう」


なお、アリス・クーパーも「ロックは在るべき場所に存在している」とコメントし、「ロックは死んだ」説に反論。キッスのポール・スタンレーも、「音楽が死ぬことはないだろう。バンドが死ぬことも、ロックが息絶えることもないと思う」と述べていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ブラック・サバスのトニー・アイオミ、「ロックは死んだ説」に反論。「ロックは死なないよ。メタリカもいる」 - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする