【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ラーズ・ウルリッヒ

ロッキング・オン6月号では、「究極のギタリスト」を特集しています。そこでギタリスト特集とあわせて 、昨年の9月号に掲載したロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ドラマー」を43日にわたり、毎日1人ずつご紹介します。

「究極のロック・ドラマー」に選ばれたアーティストはこちら。

ラーズ・ウルリッヒメタリカ

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ラーズ・ウルリッヒ

ラーズ・ウルリッヒ、この男がいなかったらメタルの歴史はまったく違ったものになったはずだし、今日のメタル・シーンの状況も大きく変わっていただろう。
 
もともとプロ・テニス・プレイヤーを目指し(父親もプロだったからエリート教育でもあった)デンマークからカリフォルニアに引っ越してきたもののジェイムズ・ヘットフィールドとの出会いから完全に音楽にのめり込むようになる。ふたりが一致したのは、より尖った極端な方向に向いたサウンドの追求で、スラッシュ・メタルと呼ばれるようになる世界を確立したが、そのバンド・アンサンブルの基盤となっていたのが、ラーズの繰り出すツー・バスで激しい低音が常に襲いかかり、そこに細かく手数の多い、変拍子も交える高速ドラミングだった。
 
もともとディープ・パープルのイアン・ペイスやブラック・サバスのビル・ワードに影響されてドラムを始めNWOBHMのサウンドにも浸かることで、より先鋭化していきタイトで尖ったスタイルを作りあげ、創世記メタリカを経てジェイムズ、カーク・ハメットのギター陣、亡くなったクリフ・バートンのベースと一体化することで無二のサウンドが確立された。
 
もちろんテクニックも凄いのだが、ラーズがしばしば言うのは、自分はそうしたテクニシャン志向のプレイヤーではないということ。それ以上にバンドの一員であることにこだわり、その中での役割としてのドラミングを意識するとしているのだが、それは彼が曲作りにも深く関与しているからで、実際、今回の特集でリスティングされたラインナップでも彼ほど曲作りにまで関わっている人はいないのじゃないだろうか。
 
だからこそ積極的にインタビューに応えるスポークスマン的な役割を果たしてもいるし、トータルな流れや動きを先導するプロデューサーの立場でしばしば動く。サウンドの要のドラマーであると同時に、メタリカという一種、共同体的な要素をとても重要視するバンドの軸にもなっているわけだ。
 
グループが巨大化し、また年齢と共にプレイ・スタイルも微妙に変わり、よりシンプルな音を意識しているが、それもまたかつての極限まで追求し尽くした経験があるからこそ説得力を持つわけで、『メタル・マスター』はその究極だ。(大鷹俊一)



ロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ギタリスト」特集掲載号は、現在好評発売中。ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ラーズ・ウルリッヒ - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする