ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリーの素顔について、「とんでもなくシャイで自信がないところもあった」と語る

ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリーの素顔について、「とんでもなくシャイで自信がないところもあった」と語る

クイーンブライアン・メイが、フロントマンだった故フレディ・マーキュリーの素顔について、「とんでもなくシャイで自信がないところもあった」と明かしている。

Express」によると、英ラジオ局Absolute Radioの番組に出演したブライアンが、フレディの素顔について語った。

「フレディは、当時のロバート・プラントのように振舞っていたけど、そんなオーラが彼にはあったから誰の気にも障っていなかったよ。

だが、その下は違う。フレディは大きな不安を抱えていて、とんでもなくシャイだったし、そこは最後まで変わらなかった。フレディはすごく私的な面を持っていて、なりたい自分に自身を築き上げることで、自信のなさに向き合っていたんだよ」


そして、ブライアンはフレディを玉ねぎに例えて表現している。

「玉ねぎの層を全部剥がしたら多くの複雑さを発見する。フレディはその複雑さのほとんどを否定し、それは本当に賢くもあったと思う。

いつもフレディは非常に大胆な方法で自分を表現していたけど、かなり内側は不安定な人だったし、外側は彼が自分自身で作り上げた戦士を装っていたんだ」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリーの素顔について、「とんでもなくシャイで自信がないところもあった」と語る - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする