マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞

  • マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞
  • マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞
  • マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞
  • マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞
マキシマム ザ ホルモンのファンコミュニティ創出プロジェクト「腹ペコえこひいき店プロジェクト」が、広告&マーケティング賞「2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」のメディアクリエイティブ部門とデザイン部門においてACCゴールドを受賞し、クリエイティブイノベーション部門でもファイナリスト選出と3冠を受賞した。

同プロジェクトは、マキシマムザ亮君発案によって2018年から始動されたもの。「腹ペコ」(ホルモンファンの呼称)には飲食店等のお店を営むファンも多く、コロナ禍で経営の悪化に苦しんでいた状況下の支援策として、ホルモンは「腹ペコえこひいき加盟店」のネットワークを拡充し、特設サイトでファンが経営する加盟店を「腹ペコえこひいき店」として探し出せるようにし、ホルモンの作品に加盟店で使える「クーポン券」を封入し、腹ペコが同じく腹ペコの経営するお店にクーポンを持参することで、ちょっとしたサービスが受けられるという仕組みをつくった。プロジェクトには2022年11月現在で500を超える店舗が加盟しているいい、加盟店にて作品の先行販売、限定グッズの販売などを実施し、各店舗が競ってファンにアピールすることで、自律的な宣伝活動が行われ、このネットワークを盛り上げているのだという。お店にとっては新たな常連客の誕生のきっかけになり、お客さんにとっても共通の話題を持つ店主のお店でサービスが受けられ、お店がファン同士の出会いと交流の場となり、ホルモンにとっても、加盟店でファン同士が繋がることによって、ファンのバンド熱に拍車がかかり、バンドのファン、お店を経営するファン、マキシマム ザ ホルモンの3者がWin-Win-Winの三角関係を創出し、マーケティング/クリエイティブ双方の面から評価され、今回の各賞受賞に至ったという。

最近では様々な特典がついた「王様」になれる権利が当たるえこひいき店限定ホルモン宝くじの導入など、常に新たな企画が取り入れられ、ファンコミュニティを盛り上げているとのこと。


マキシマム ザ ホルモン、「腹ペコえこひいき店プロジェクト」がACC賞ゴールド2つ含む3冠を受賞
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする