日常を物語に変え、歌う。lukiのワンマンライブを観た

日常を物語に変え、歌う。lukiのワンマンライブを観た
渋谷LUSHで行われた、lukiのワンマンライブを観た。

アルバム『黒うさぎ』の楽曲を中心に、新曲も多数織り交ぜながら行われた今日のライブ。
彼女は新曲を歌うとき、いつも「どんな時にできた曲なのか」「何をモチーフにしたのか」といったことを語ってくれるのだけど、
それを聞くたび、この人は本当に些細な日常のひとコマに「物語」を与えて、歌にしているのだなぁ、と思う。
今日披露された新曲の中には、道に落ちていた夏みかんから着想して作ったという曲もあったが、ほんのワンカットの情景を映画のようなストーリーに仕上げるその想像力は、本当に見事だ。
CUTでは山田ルキ子名義で映画コラムを執筆してくれている彼女だが、

そのテキストに表れる彼女の鋭い着眼点も、こういうところから繋がっているんだな、と思う。


今日のライブでは、新作についても示唆してくれたluki。今後の彼女の動きにも、注目していきたい。


(安田)
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする