超特急が、5人全員で最新ツアーを語り尽くす!

超特急が、5人全員で最新ツアーを語り尽くす!

本日発売の『CUT』2020年4月号には、3月25日にツアーBlu-ray『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva』を発売する超特急のメンバー全員による座談会が掲載されている。

本ライブは昨年末に大阪城ホール、年始に代々木第一体育館で行われた。それぞれの開催時期に合わせ、クリスマスやお正月を意識した演出で8号車(超特急ファンの呼称)を楽しませた様子が余すことなく収録されたBlu-rayということもあり、本取材ではライブの制作秘話から思い出まで5人にじっくりと振り返ってもらった。

大阪は8号車のみんなに去年1年分の感謝の気持ちを伝えるようなイメージで、クリスマスメドレーを。年始の東京は、ドーン!と新年らしく超特急の新しい面を出しながらも、さらに大人の魅力をお見せできるように意識しました(ユーキ)

会場ごとにスペシャルな見せ場が用意され、グループとして確かな手応えを得たようだ。なかでも特に印象的だったのが東京公演での殺陣。

どんどん新しいことに挑戦していく大事さを特に感じたのが、殺陣でした。だから、8号車のみんなにも新しいエンターテインメント、新しい刺激を感じてもらえていたら嬉しいです(タカシ)

殺陣はメンバーそれぞれのキャラクターが出た戦い方だったので、ちゃんと『超特急感』というものも出せて、8号車にも楽しんでいただけたんじゃないかと思います(リョウガ)

進化し続ける超特急だが、結成以降変わらず8号車の心を鷲掴みにしているのがお家芸とも言える「変顔」だ。

8号車のみんなが喜んでくれれば本望。変顔も思いっきりやらせてもらってます(タクヤ)

映像はそういうところもじっくり隅々まで楽しんでいただけますからね(カイ)

変顔以外にもカイとタクヤがプロデュースしている衣装の詳細も見られる点など、映像化ならではの楽しみ方も、彼らの目線で語られている。そして、華やかなライブ衣装での撮り下ろし写真も必見だ。

掲載号の購入はこちらから。

超特急が、5人全員で最新ツアーを語り尽くす!
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする