下北沢GARAGEでやることに意味のあるイベント

下北沢GARAGEでやることに意味のあるイベント

ライブアクトで、長岡亮介(ペトロールズ)、Yogee New Waves、SANABAGUN。
DJで、OKAMOTO'Sからオカモトレイジとハマ・オカモト、高木“JET”晋一郎。
ジャパンでもお世話になっているライター三宅正一氏主催の、下北沢GARAGEで行われた企画「Q2 concert ♯1」を観に行った。

三宅氏の「とにかく大好きなアーティストしか呼んでない!」という熱い意思のもと集合したラインナップだけに、とにかく音楽愛と人間愛が爆発した夜になった。

生バンドヒップホップバンド・SANABAGUNは、キレのある下ネタを挟みつつのインテリジェンスも感じさせるドス黒いグルーヴがとにかくかっこいいし、
今の東京インディシーンの急先鋒であるYogee New Wavesは、観る度その歌とグルーヴの存在感を増してるし、
ペトロールズ長岡亮介は抜群のソウル/ファンクミュージックで意識を飛ばしてくれるし、
シャープで知性を内包する黒いグルーヴに陶酔しっぱなしの良いライブばかりだった。

最後は出演者全員により、ペトロールズの“SIDE BY SIDE”をセッション。
そのままフリースタイル大会に突入し、延々と盛り上がり続けるというカオスな状況に。
いつの間にかレイジがドラムを叩き、ハマがベースを弾いているという状況の中、
呂布も飛び入りして、もうフルメンバーでのライヴは観れなくなってしまったズットズレテルズの“僕の果汁”のラップを放り込んだ時は本当にぐっと来た。
こういう特別で愛情溢れるイベントだからこそ起きた出来事だったと思うし、みんなほんと終わりたくないって感じで楽しそうだった。
何しろ主催者である三宅氏自らがフリースタイルラップでもって、「はい、次は○○と●●がフリースタイル~!」とステージ上で煽り続けるんだから、いっこうに終わらない。
楽しいイベントだった。

Mr.JAPAN JAMの異名を持つハマ・オカモト擁するOKAMOTO'S、今年は5月4日出演。
心して観たい。
http://japanjam.jp/2015/artist
(小松)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする