セカオワ表紙、最高の出来です! 7/30発売のJAPAN9月号、超充実のラインナップはコチラ

セカオワ表紙、最高の出来です! 7/30発売のJAPAN9月号、超充実のラインナップはコチラ
どうですか? かっこよすぎませんか?
これが今のSEKAI NO OWARI。最高です。

「Twilight City」の興奮そのままに作り上げた、『ROCKIN' ON JAPAN』9月号。
表紙巻頭のSEKAI NO OWARIの他にも、
ONE OK ROCKや[Alexandros]の記念すべきツアーレポなどなど、充実のラインナップ。
恒例の新世代特集「JAPAN'S NEXT」は今回もスペシャルコンピCDがついて、
特別定価710円でのお届けです。

7月30日発売、ぜひぜひ発売日に書店に行って、ゲットしてくださいね!


詳細なラインナップは以下の通り。

●SEKAI NO OWARI
ニューシングル『ANTI-HERO』、この衝撃が伝えるメッセージとは――?
超ロングインタヴューで、「賛否」の裏の胸中を語る。日産スタジアム2days「Twilight City」速報も!

●ONE OK ROCK
『35xxxv』ツアーファイナル、たまアリ公演で見せたナンバーワンの証明――完全ロングレポート

●JAPAN’S NEXT 2015「次は彼らだ!」
特別付録『JAPAN’S NEXT 2015 SPECIAL CD』
JAPANが送る新世代特集「ジャパネク」第5弾! 全10組によるスペシャルコンピCD付き!
Awesome City Club/水曜日のカンパネラ/THREE LIGHTS DOWN KINGS/NOISEMAKER/フレデリック/THE
BOYS&GIRLS/魔法少女になり隊/Mrs. GREEN APPLE/Yogee New Waves/夜の本気ダンス

●[Alexandros]
傑作『ALXD』を携えての2度目の武道館、さらに駆け上がる4人の姿を速攻レポ!

●KANA-BOON
全国ツアーを終え、「使命感」を胸に踏み出す新たな一歩。シングル『ダイバー』を語る谷口鮪ソロインタヴュー

●エレファントカシマシ
1年ぶりのシングル『愛すべき今日』で宮本浩次が肯定した「自分たちの力」とは?

●BRAHMAN
20周年、ドキュメンタリー映画、そして新曲“其限~sorekiri~”でTOSHI-LOWが得たもの

●syrup16g
完全復活! 超絶進化を遂げた『Kranke』ツアーファイナル@NHKホール公演をロングレポート

●androp
セルフタイトルアルバム『androp』で生まれた新たな「androp」とは――内澤崇仁、語る

●back number
「愛されている」ことの実感を綴った“手紙”で清水依与吏は何を見つけたのか?

●LUNATIC FEST.
LUNA SEAの呼びかけに集った、時代を超えた21組――最狂フェスを濃厚レポート

●京都大作戦 2015
10-FEET主催のロックフェス! 4万人と作った最高の「遊び場」、2日間の奇跡をレポート

●MY FIRST STORY
言葉を響かせるシングル『ALONE』でHiroが今「存在証明」を叫ぶ意味とは何なのか?

●WANIMA
メロディックパンクのスーパールーキー、エロもエモも詰め込んだ最強の1stシングル完成!

●ストレイテナー
高らかに「NO」と歌う反戦歌に込めたバンドの未来とは? ホリエとシンペイに問う

●佐野元春
時代を見つめ、現実の苦みをポップに落とし込んだ傑作『BLOOD MOON』に刻んだ「確信」

●JAPAN’S NEXT vol.10
uchuu,/Shiggy Jr./シャムキャッツ/ミツメ/LILI LIMIT
記念すべき10回目のジャパネクライヴ! 出演者打ち上げ座談会で、それぞれにとっての「ネクスト」を語り合う

●Base Ball Bear
3ヶ月連続リリースの「エクストリーム・シングル」ってなんだ? 小出祐介の新たな「戦略」

●ORANGE RANGE
「カメレオン」をテーマに掲げた10枚目のアルバム『TEN』にバンドの真骨頂を見た!

●グループ魂
20周年に放つ、全曲人名アルバム『20名』で遂に伝家の宝刀を抜く!? 暴動、その真相を語る

●flumpool
自立の季節へ――夏のシングルに込めた想いを山村隆太、激白

●高橋優
「これまで」と「これから」を刻むベストアルバム『笑う約束』に見る高橋優の新たな決意

●パスピエ
個性をさらにリニューアル、新たなるフェーズに突き進むニューシングル『裏の裏』インタヴュー

●WHITE ASH
ライヴハウスからお茶の間まで、全方位照射シングル『Insight/Ledger』でのび太、攻める!

●GLIM SPANKY
「今」の先にある新たなロックを鳴らす2人組、その才気を暴く初のロングインタヴュー

●ハルカトミユキ
3号連続インタヴュー第1回。空白の半年間と2015年の「マニフェスト」とは?


コンピCDのトラックリストはこちら。↓

1. THE BOYS&GIRLS「すべてはここから」
2. NOISEMAKER「Her Diamond」
3. THREE LIGHTS DOWN KINGS「BRAINWASH」
4. フレデリック「愛の迷惑」
5. 魔法少女になり隊「RE-BI-TE-TO」
6. Mrs.GREEN APPLE「我逢人 -short ver.-」
7. Yogee New Waves「Good Bye」
8. Awesome City Club「4月のマーチ」
9. 夜の本気ダンス「B!tch」
10. 水曜日のカンパネラ「カーネルdemo」

(安田)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする