2ndミニアルバム『LAYERED』&ストーリーブックを同時発売。上北 健に取材しました

2ndミニアルバム『LAYERED』&ストーリーブックを同時発売。上北 健に取材しました
シンガーソングライターの上北 健に取材しました。
「KK」名義でのネット投稿によってたくさんのファンを獲得した後、現在の名前での活動を始めた彼ですが、「音源作品」+「書籍」で表現したい世界を形にするという独特なスタイルを確立しつつあるのが興味深いところです。
最新作となる2ndミニアルバム『LAYERED』も、同タイトルのコンセプトブックが同時発売されます。
彼はなぜこのような表現の仕方をするようになったのか? その理由を語ってもらったインタビューは、『ROCKIN’ON
JAPAN』5月号に掲載されています。

インタビュー終了後の雑談の中で、赤福餅やコンビニスウィーツについて熱く語っていたのも印象的でした。
そうした彼の独自の視点は、小説からも窺われます。
音源作品の世界を踏まえつつ、意外性のある全く別の切り口で描いているので、こちらもたくさんの人に読んでほしいです。
彼の表現スタイルは今後、さらに様々なジャンルとリンクしていくのかもしれません。
とてもワクワクしてくる取材でした。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする